美麗島紀行

美麗島紀行

作者名 :
通常価格 1,652円 (税込)
紙の本 [参考] 1,836円 (税込)
獲得ポイント

8pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

人気作家乃南アサが台湾各地を巡り歩き、台湾と日本の関係性についてその歴史から思いを馳せる異色の台湾紀行。叙情性あふれる文章に込められた著者の深い想いが全体を包む、台湾紀行の決定版ともいえる作品。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社学芸単行本
ページ数
264ページ
電子版発売日
2016年10月07日
紙の本の発売
2015年11月
コンテンツ形式
EPUB

「美麗島紀行」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2016年04月17日

台湾についての旅行記かと思った。
それだけではない。台湾の歴史がけっこう垣間見ることができる。
知らないことが多すぎる。
まず、一国家として存在していることがないこと。
次に世代で通じる言語が異なること。
1987年まで世界でも類をみないほどの厳しい戒厳令があること。
また行きたいなあ。今度は深く見...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月01日

出たのを知って、文庫化されるまで待とうと思いつつ結局ハードカバー買ってしまった作品。台湾紀行だと思ってたが、中身は作者の台湾認識について、という方が正しかったかも。
作者も含めて改めて多くの日本人が台湾のことを全く理解してないことを認識。その点においては、彼女のようなそれなりに影響力ある人がこういう...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年03月07日

人口減少率全国一の本県は少子化もかなりの勢いで進んでいる。今日の新聞にも141年続いた郡部の小学校が閉校する、という記事が載っていた。
私が住んでいる街、以前は「鉄砲町」「笊町」「大工町」「四十軒堀町」など、土地柄を思い浮かばせる趣のある町名が付いていたが、数十年前に革新系市長が、大町何丁目だの、中...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年01月18日

駆け足で読み終わってしまったことを後悔している。歴史や人びとさまざまな方面から台湾を書いてあり、台湾のことをまだ深くわかっていない私のような人間にはちょうどいい台湾具合(?)。知っていることもあって勉強できるし、知らないこともでてきて興味深く最初から最後まで引き込まれるように読めた。
筆者には推理小...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月16日

歴史を知り、今を知ることが台湾という複雑な社会を理解するには必須であることを著者の乃南氏は2011年の東日本大震災に伴う台湾からの義援金の多さをきっかけに気づいていく。自分と乃南氏とは同世代だが、確かに学校教育の中で台湾のことをきちんと教わった記憶はない。その辺はよくわかる。台湾に興味関心をもつこと...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「乃南アサ」のこれもおすすめ

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,516

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!