「星新一」おすすめ作品一覧

「星新一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:星新一(ホシシンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1926年09月06日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京大学農学部農芸化学科卒。「ショートショートの神様」と呼ばれショートショート集『ボッコちゃん』、『ようこそ地球さん』、『きまぐれロボット』など多数の作品を手がける。ノンフィクションの分野でも『夜明けあと』などの作品を手がける。作品の多くは映像化されている。1998年その功績を称え日本SF大賞特別賞が贈られている。

作品一覧

2018/05/25更新

ボッコちゃん
  • ブラウザ試し読み

明治・父・アメリカ
  • ブラウザ試し読み

未来いそっぷ
  • ブラウザ試し読み

悪魔のいる天国
  • ブラウザ試し読み

午後の恐竜
  • ブラウザ試し読み

エヌ氏の遊園地
  • ブラウザ試し読み

おせっかいな神々
  • ブラウザ試し読み

おのぞみの結末
  • ブラウザ試し読み

おみそれ社会
  • ブラウザ試し読み

かぼちゃの馬車
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 盗賊会社
    素っ気ないほどのシンプルな文章で、飽きずに読めるショートショートが36編。もしかして実話なんじゃないかと思わせる「ぼろ屋の住人」、あまりにも悲しい「善意の集積」、そのうち現実が追いつくかもしれない予言めいた「長い人生」あたりが特にお気に入りである。
  • 凶夢など 30
    ん? ちょっと待てよ……な「考えオチ」が少し多い印象。しかしながらショッキング極まる表題作「凶夢」、ユーモラスな味わいが気持ちいい「生きていれば」、人類という存在の根底を問う壮大な巻末作「捕獲した生物」など、ビシっと決まるものもちゃんと用意されている。
  • ボッコちゃん
    ショートショートの大御所、短い文章の中にも毎度の秀逸なオチ。世にも奇妙な物語でも扱われた作品も多数。
    「来訪者」や「親善キッス」を読んで、UFO=宇宙人の乗り物、多少の大小はあるにせよ宇宙人は人類と同じ頭部があり、口や目や手足が二本ずつの人体構造であるという我々のの貧相な想像力を再認識させられる。無...続きを読む
  • 未来いそっぷ
    中学、高校生時代くらいに、何かの機会で手に取り一読出来ていれは、その時にしか得られない刺激になる。自分がそうでした。
    星さんのショートショートは思春期に触れるのが何よりもいい。古さと新しさが混在するからだろうと思います。

    こんな作家は唯一無二で、なかなか次の世代のショートショート作品に出逢えてない...続きを読む
  • さあ、気ちがいになりなさい
    さあ、気ちがいになりなさい。フレドリックブラウン先生の著書。奇妙だけれどとても面白くて最後までハラハラドキドキしながら楽しめる短編小説の数々。翻訳はショートショートで有名な星新一先生。星新一先生のファンの皆様には、ぜひ読んでほしい一冊です。

特集