星新一の一覧

「星新一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:星新一(ホシシンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1926年09月06日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京大学農学部農芸化学科卒。「ショートショートの神様」と呼ばれショートショート集『ボッコちゃん』、『ようこそ地球さん』、『きまぐれロボット』など多数の作品を手がける。ノンフィクションの分野でも『夜明けあと』などの作品を手がける。作品の多くは映像化されている。1998年その功績を称え日本SF大賞特別賞が贈られている。

作品一覧

2020/10/16更新

ユーザーレビュー

  • 夜明けあと
     たしか高校生になった特、ソクラテスの弁明が読書感想文の宿題で「アテナイ人諸君!」と恐る恐る読み始めた時と同じようなはじめて感がありました。いつもの星さんとは随分違います。
     こんな文庫最後まで読めるのかしら?なんて思いながらの通勤電車での少しずつの読書です。それがだんだんと楽しみになってくるのです...続きを読む
  • なりそこない王子
    表題作「なりそこない王子」のハチャメチャっぷりが凄い。たぶん子供の頃に誰もが思い浮かべたであろう、おとぎ話のクロスオーバーだが、このスピード感のある展開と際限なく拡大するスケールは、星新一にしか書けまいと思わせる。その他には、ネタバレ厳禁な衝撃作「収容」なんかもイカした仕上がり。
  • どこかの事件
    どこか暗い印象を持った話が多い。特に「となりの住人」は、星新一ショートショートの中でも異質な作品であるように思う。
  • 未来いそっぷ
    1編の話が短く、隙間時間に読む事が出来たので、サクサク読み進めれた。
    書かれた時代などもあるんだろうけど、出てくる女性の登場人物の日本語が美しく、真似したい。
  • ボッコちゃん

    ショートショートの王道

    久しぶりにショートショートを読みたいと思いこの本に手を伸ばしました。様々なシチュエーションでの綺麗な起承転結が読んでいて心地良かったです。何回もオチを予想しては裏切られるという感覚は新鮮でした。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!