「星新一」おすすめ作品一覧

「星新一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:星新一(ホシシンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1926年09月06日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京大学農学部農芸化学科卒。「ショートショートの神様」と呼ばれショートショート集『ボッコちゃん』、『ようこそ地球さん』、『きまぐれロボット』など多数の作品を手がける。ノンフィクションの分野でも『夜明けあと』などの作品を手がける。作品の多くは映像化されている。1998年その功績を称え日本SF大賞特別賞が贈られている。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/04更新

ボッコちゃん
  • ブラウザ試し読み

おせっかいな神々
  • ブラウザ試し読み

悪魔のいる天国
  • ブラウザ試し読み

マイ国家
  • ブラウザ試し読み

妖精配給会社
  • ブラウザ試し読み

おのぞみの結末
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 城のなかの人
    SFの巨匠として名高い星新一の時代小説を集めた作品集。戦国時代の終焉を豊臣秀頼の視線で描いた「城のなかの人」から開幕し、奇妙な親子関係が織りなす成り上がりストーリィ「春風のあげく」、時代劇の悪役の定番・由比正雪に意外な人物がからむ「正雪と弟子」、SFショートショートに近い味わいを持つ「すずしい夏」を...続きを読む
  • きまぐれロボット
    谷川俊太郎の解説によるなら、本書の初出は児童向けの体裁であったという。なるほど確かに、収録されているショートショートはどれも非常に短く、二編を除き「宇宙人」「科学者の作った謎の薬品」「ロボット」のいずれかが出てくるし(残りの二編は子供が主役の話)、セクシュアルな描写も無い。また、オチのつけ方も、最後...続きを読む
  • 悪魔のいる天国
    悪魔のいる天国、ウンザリする偉大な志、心の込もったオベッカ、人間臭いロボット、そんな噛み合わせの悪さが見事なエンターテイメントとなっている一冊。個人的には、妻がキツネツキになった夫婦の治療を描いた「こん」がツボった(オチに声出して笑った)。何本か「これ前に読んだな?」と思う話に出くわしたが、あとがき...続きを読む
  • ちぐはぐな部品
    『きまぐれロボット』には一応「児童向けのSF」という枠組みがあったが、こちらはテンデンバラバラ、多種多様なショートショートが集められている。全編哀しみに満ちたSF巨編「凍った時間」、ナンセンスギャグが炸裂するファンタジー「恋がいっぱい」、欲深い男2人が痛快な大岡裁きでやりこめられる時代もの「名判決」...続きを読む
  • ようこそ地球さん
    アッと驚く大逆転が満載な42本のショートショート集。予想の斜め上を行く意外な結末であったり、我々が普段なにげなく信じている倫理・道徳であったり、日々の生活の中でスルーしている事柄であったり、そんな色々なものが、短いストーリーの中でひっくり返される衝撃たるや! そして作中で提示される逆転の数々は、いず...続きを読む

特集