「星新一」おすすめ作品一覧

「星新一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:星新一(ホシシンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1926年09月06日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

東京大学農学部農芸化学科卒。「ショートショートの神様」と呼ばれショートショート集『ボッコちゃん』、『ようこそ地球さん』、『きまぐれロボット』など多数の作品を手がける。ノンフィクションの分野でも『夜明けあと』などの作品を手がける。作品の多くは映像化されている。1998年その功績を称え日本SF大賞特別賞が贈られている。

作品一覧

2018/05/25更新

エヌ氏の遊園地
  • ブラウザ試し読み

おせっかいな神々
  • ブラウザ試し読み

おのぞみの結末
  • ブラウザ試し読み

おみそれ社会
  • ブラウザ試し読み

かぼちゃの馬車
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • ボッコちゃん
     標題作の「ボッコちゃん」よりも「おーい出てこーい」のオチが凄まじかった。
    話自体は文明社会や人間の怠惰を風刺しているようにも見えるが、少なくともこの話の舞台が中世以前だったらここまで切れ味鋭いオチにはならなかったろう。
  • 未来いそっぷ
     1000ある星新一のショートショートを半分も読んだわけではないが、少なくとも100本以上は読んでいるので大体の傾向は分かる。
    ほとんどは何かのアイディアや発明で楽をしようとすると最後にしっぺ返しが来ると言うドラえもん的なオチが待っているのだが、中には救いようの無い悲惨なオチが待ち受けていたりして「...続きを読む
  • きまぐれロボット
    「星新一のショートショート」この短文でにやけ出したらSFファンでしょう。数十行で現れる登場人物に笑い、共感し、時に泣く。本を読み始めた学生から疲れた社会人まで。目眩く記号化された宇宙へ
  • 未来いそっぷ
    「ウサギとカメ」や「北風と太陽」などの話をアレンジしたおもしろい本です。短編集なので読みやすいです。その中の「ある夜の物語」は心が優しくなれるお話です。
  • 城のなかの人
    SFの巨匠として名高い星新一の時代小説を集めた作品集。戦国時代の終焉を豊臣秀頼の視線で描いた「城のなかの人」から開幕し、奇妙な親子関係が織りなす成り上がりストーリィ「春風のあげく」、時代劇の悪役の定番・由比正雪に意外な人物がからむ「正雪と弟子」、SFショートショートに近い味わいを持つ「すずしい夏」を...続きを読む

特集