きまぐれエトセトラ

きまぐれエトセトラ

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

このこだわりが、傑作誕生のひみつ。気になることすべてにとことん迫る、きらりと光るエッセイ集。
ショートショートの神様は、一度疑問に思ったら、考え抜かないと気がすまない! 今や国民的作家が、小学生時代、作文がへただった理由とは?(「作文の成績」) UFOは実在するのかしないのか、目撃例がふえても研究は進まず……。(「UFOの警告」) 薬がないと眠れない、でも全くつらくない!?(「不眠症二十五年」) 創作1000篇を目前にした著者が、絶えず世界を観察し、自己と向き合ったエッセイ36篇を収録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2019年11月21日
紙の本の発売
2019年11月
サイズ(目安)
2MB

きまぐれエトセトラ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月15日

    さんけい参詣者 バリ島は回教国インドネシアに於ける、例外的なヒンズー教の地域である。 ケチャック・ダンス(猿の踊り) 北杜夫もりお 亡父ぼうふ ぶんげいしゅんしゅう文藝春秋 供花きょうか 宛名のなんとか係には御中を書き加えろ この、後天的な美味を作り、楽しむのが、つまりは文明というものなのかもしれな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    今から40年ほど前の1980年前後(星新一さん55歳前後)に書かれたエッセイ。
    売って儲けることが最大の目標であり、バブル崩壊に向かって突き進んでいる真っ最中の(否定論は主張しにくい)時期だ。
    生真面目さ故か、ちょっと浮かれた社会や横柄で威圧的な政治の在り方に苦言を呈する記述が所どころに入ってくる。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年04月17日

    血圧が少し高かっただけでありとあらゆる健康本を読み漁り学者にインタビューまでしに行く、星新一の一つに対しての好奇心の強さ


    「戦争の真の恐ろしさは、殺人、飢え、破壊、死が発生するからではない。全員がいつのまにか画一化された思考になり、当然のことと行動に移すことにある。」
    「貧困とは終わりのない空腹...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング