悪魔のいる天国

悪魔のいる天国

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

ふとした気まぐれや思いつきによって、人間を残酷な運命へ突きおとす“悪魔”の存在を、卓抜なアイデアと透明な文体を駆使して描き出すショート・ショート36編を収録する。人間に代って言葉を交わすロボットインコの話『肩の上の秘書』未来社会で想像力にあふれた人間を待ち受ける恐怖を描く『ピーターパンの島』など、日常社会、SFの世界、夢の空間にくりひろげられるファンタジア。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
259ページ
電子版発売日
2012年10月26日
紙の本の発売
1975年07月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

悪魔のいる天国 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    飛行機の中で読んだのと、中学生の時にとてもハマって読んでいたのと大好きな星新一先生シリーズ。

    内容はもう覚えてないけれど、星五つです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    悪魔のいる天国、ウンザリする偉大な志、心の込もったオベッカ、人間臭いロボット、そんな噛み合わせの悪さが見事なエンターテイメントとなっている一冊。個人的には、妻がキツネツキになった夫婦の治療を描いた「こん」がツボった(オチに声出して笑った)。何本か「これ前に読んだな?」と思う話に出くわしたが、あとがき...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月01日

    星先生初期のショートショート(なのかな?)。
    確かボッコちゃんのあとくらいに書かれたものだと
    あとがきで星先生がおっしゃっていましたので。

    星先生のショートショートははずれがほとんどなくてすごいの一言です。
    少ないページで人をぞくりとさせ、考えさせてくれる。
    不思議なものです。この作品で気に行った...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ショートの神

    山羊 2013年02月05日

    学生時代を懐かしんで購入。
    10冊以上はあったけど、いずれも紛失しました。
    何度でも楽しめる、やっぱり神様だわ…
    悪魔は存在するよね?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月22日

    星新一さん、2冊目。
    こちらもブラック要素・SF多め。
    短い作品がこんなにたくさんつまってるのに、おもしろくない話が一つもないってすごい!どの話も映画やドラマになりそう。
    「殺人者さま」「ゆきとどいた生活」「愛の通信」「帰郷」が好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月18日

    ショート作品36編を収めた一冊。「夢の都市」では、繁栄の裏に潜むはかなさがテーマ。他にも時代を感じさせない、読み応えのあるお話が詰まっています。『ボッコちゃん』と並び、星さん入門にいかがでしょう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月08日

    「人間のイマジネーションってすごい‥!!!」

    ‥‥というのが地球に住んでいるおそらく地球人である私の感想です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月02日

    初めての星新一でした。

     たしか、小説「間宮兄弟」の弟が星新一好きだったなぁ、と思い出し、新型コロナウイル感染拡大の予防対策である「ステイホーム」を実施すべく、古本屋で購入しました。

    すきま時間に最適
    ぞわぞわする感覚
    ニヤッとするオチ
    切なくなる物語

    いい意味で「最高の60点」です。

    休校...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月25日

     今までたくさんの星さんの文庫を読んできましたが、なんだろうちょっとこの文庫は途中で眠くなることがありました。年齢による理解力の衰えやもしかしたら睡眠の状態が良くないのかもしれません。
     昭和50年の作品ですが、人間の未来の様子がかなり正確に予見されているのには本当に驚きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年08月26日

    ブラックユーモアあふれるショートショート
    おもしろかったな!
    特に印象に残ってるのは、ピーターパンの島とシンデレラと、自動で朝を迎えてくれる話と、帰郷

    星新一さんの話って待ち合わせのちょっとした時間を潰すのに最高だから重宝します

    2018.08.26

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング