おせっかいな神々

おせっかいな神々

作者名 :
通常価格 649円 (590円+税)
紙の本 [参考] 693円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

神さまたちはおせっかい。人間どもをからかったり、意地悪をしたり、時にはいたずらをしかけたり。あなたのそばで起る事件もひょっとしたら神さまの仕業かもしれない……。畑で拾った“笑い顔の神”の正体は? ブロンズの“商売の神”のご利益は?――ふとした偶然からまき起される数々の事件を斬新・奇抜なアイデアで描き、異次元の笑いの世界に誘うショート・ショート40編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
328ページ
電子版発売日
2013年01月25日
紙の本の発売
1979年05月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

おせっかいな神々 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年03月12日

    〇学んだこと
    1.ユーモアセンスを磨こう
    2.自分の「不幸」も、他人から見たら「喜劇」である。ポジティブになろう!
    3.小さな笑い話をたくさん見つけよう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年01月08日

    神様の気まぐれか運命のイタズラか、ふとした拍子に日常をはみ出してしまった人たちの悲喜こもごもが、ギュッと凝縮されている。個人的にイチオシは、敢えて真相がボカされたまま終わる結末が味わい深い「箱」ですかね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    星新一で一番初めに読んだ本。
    こんなにも短い簡単な話でこんなにも面白いしかも深い話があるのかと衝撃を受けた。
    以来、ファン。
    どの本読んでもはずれがない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    星新一ワールド大全開のショート・ショート集。
    畑で拾った「笑いの神」の正体は?ブロンズの「商売の神」のご利益は?ふとした偶然から巻き起こされる数々の事件がいっぱい。
    移動時間や休憩時間に丁度いい長さで、しかも面白いb

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    毎回、結末を予想しながら読むとおもしろさがより一層上がる。くう〜!こんな結末で来たかー!と思わずうなってしまうような事も多いはずだ。 さすがに、昔から何度も何度も星新一のショートショートを読んでいるので、半数ぐらいは覚えていたが(苦笑 短かったけど「古代の秘宝」が一番面白かったかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    こないだ本の整理をしていたら、何故かこの本が無かったので買いなおしました(殴)ファン失格ですな;すみません…orz

    この本は数ある星さんの御本の中でも、お気に入りの本です。
    読みやすいし、収録してあるお話は多いし、面白いお話も多いし…
    これから星さんの本を読み始める方はこの本や『ボッコちゃん』『ボ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年01月03日

    こんなにショートショートが詰まってこんな破格なお値段で買えるだなんて。
    あまり長い時間本読むのが苦手、そういう人にとっても星先生の本は優しいですね。

    「出来心」、「古代の秘法」、「死の舞台」、「税金ぎらい」、「夜の事件」、「効果」あたりが特に好きです。

    何回も読み返して何回も騙されたい。そんなお...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月05日

    懐かしいです。

    中学生の頃、読んだんじゃなかったかな。
    確かこれが、私の「初星新一」でした。

    私はこの中の「隊員たち」という話に出てくるペットの名前「キッピちゃん」がインパクト強すぎてどうしても忘れられず、ゲームのプレイヤー名にしたり、子供たちを意味なくその名前で読んだりと使わせてもらっていまし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月29日

    『現代の美談』『『奇妙な旅行』『古代の秘法』『保護色』『箱』『四日間の出来事』『午後の出来事』がお気に入り。

    『箱』何かと人生を共に歩むことで、人生はゆっくり進んで、色付いたものになり、最期のときも満ち足りた気分に浸れるのかもしれないと感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月01日

    ○2010/06/22 
    この内容にして、表題に「おせっかいな神々」を持ってくる皮肉のセンスがたまらない。マイ国家よりライトで、内容的にも軽くて読みやすくて笑いやすいものが多かった。
    神様なんて都合のいいもの存在しないって分かってるだろ?ってニヤニヤしながら言われてる感じ(笑)完全に救われないって話...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング