だれかさんの悪夢

だれかさんの悪夢

作者名 :
通常価格 583円 (530円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

大金持ちになりたい。魅力的な女と結婚したい。おもしろおかしく毎日をすごしたい。超能力を身につけたい。国家元首になりたい。宇宙を征服したい。早く刑務所から出たい。――平凡なことから途方もないことまで、ああもしたい、こうもしたいと限りなく広がる人間の夢。だが、その夢が実現してみると……。欲望多き人間たちがひきおこす悲劇喜劇を軽妙に描く傑作ショートショート集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
290ページ
電子版発売日
2013年03月29日
紙の本の発売
1981年07月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

だれかさんの悪夢 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年01月25日

    中学の時初めて星新一のショートショートに出会いました。あの時、長々字を読むのが苦手でしたが、ショートショートを勧めてもらい初めて小説の面白さを知りました。
    22歳になった今読んでもまだワクワクするし、たった10ページ未満。一つの物語を読み終わる時、そう来たか…。とぽろっと溢れてしまいます

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月27日

    中古で買いました。
    表題のショートショートはありませんが、誰かしら悪夢を
    抱えることがあるという内容でぞくっとしました。
    特に印象に残ったのは「レジャークラブ」「コレクター」「眠る前のひととき」「クーデター」「会員の特典」「一日の仕事」「だまされ保険」「飛躍への法則」ですかね。
    今回の本はロボットが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月11日

    47編。
    ショートショートの中でも、短めのが詰まっている。
    「歳月」1頁にも満たないが、余韻があって好きです。
    「便利なカバン」まさしくケータイではないか!と思った。連れ歩かれてる感はないけど。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    筒井康隆か星新一かと言われたら迷わず星新一です。プラスティックのような肌触りの文章がとても気持ちいいのです

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月18日

    「宣伝の時代」はちょい前の映画『トルーマン・ショー』みたいだ。
    もしかしてハリウッドがパクッたのか!?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年06月21日

    いかに万能な道具だろうと、それを手にして幸せになれるかどうかというと、むしろ足をすくわれる確率の方が高いんだなぁと思った。
    皮肉が効いていて面白かった。
    2014/6/21

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年05月20日

    古本屋で購入。
    もう一度読み直そうかな~と思い見かけたら買っています。

    この短編集は読んだことが無かったので楽しく読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    ああもしたい、こうもしたい。はてしなく広がる人間の夢だが……。欲望多き人間たちをユーモラスに描く傑作ショートショート集。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    初めて読んだ星新一。
    ショートショートというのにまず衝撃を受け、内容も世にも奇妙な物語みたいな感じで読みやすくて面白い。
    何より落ちを読むのが毎回楽しみ!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月11日

    一つ一つの話は面白かったが、いかんせん題目が多く、一つの話が短いので、最後まで読むのが大変であった。一気に読むというよりも、合間にちょこちょこ読む感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング