おみそれ社会

おみそれ社会

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

二号は一見本妻風、模範警官がギャング……。ひと皮むくと、なにがでてくるかわからない複雑な現代社会を鋭く描く表題作など全11編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年07月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
2MB

おみそれ社会 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年03月24日

    相変わらず、氏の作品は安心して読むことができる。文字を読みたい、少し物語に溶け込みたい、そんなときに愛用できるのだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    どうしてこんなに洒脱な文が書けるのかな。
    色々な分野に造詣が深いのだろうな、というのがひしひし伝わる。

    とても私が生まれる前には出版されていたとは思えない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    全体的に面白いので何がおすすめとかあまり無いけど僕は「回復」と「はだかの部屋」が好きな話です。ショートショート11編。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年06月01日

    一夜一ショートショートのペースで読む。
    相変わらず星新一の描く世界を覗くと、物事には色々な側面があると感じ、なんか心が落ち着く。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月27日

    星新一の本にしては珍しく、日本人の個人名が出てくる。そういうの、無いほうが読みやすいんだけどな。

    エヌ氏とか、そっちのほうが好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年07月30日

    表題作に書かれている医者の理屈は21世紀の現代ではむしろ一般化されている。改めて星新一の先見性に驚かされるばかりだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月14日

     懐かしい。中学生くらいのころに読み漁った記憶がある星新一さんのショートショート。次から次へとわけのわからんことが起こっていくさまがなんとも楽しい。

     今回は少しおとなしい読み物だが、それなりに一気に楽しく読めた。でもいずれも少し長すぎるかな。続けて読もうかなぁ。しかし映画もたまっているし困ったな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    私が一番ショックだったのは、「最後の人類」の一文で、「昔の溢れるぐらいの人間たちは、今の人間たちの奴隷でしかなかった。」みたいなことが書かれた文でした。私もなのか。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています