つねならぬ話

つねならぬ話

作者名 :
通常価格 432円 (税込)
紙の本 [参考] 496円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

海の下の、奥の奥で眠っている神の夢。大地をうごめき、すべてを食い尽くす不快なブガン。アステカの怪しげな薬草に酔って義経がみる昔日の幻。満月の夜にとらえた人魚を食べてしまった男たちのゆくえ――。天地の創造、人類の誕生などを語りつがれてきた物語が、いま奇抜な着想で生れかわる。あなたを空想の小宇宙へ誘う、幻想的で奇妙な味わいの52編のワンダーランド。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年11月29日
紙の本の発売
1994年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年07月21日

空間に<字>がバラバラと浮かんでいる。

壷    緑   
  川  
      雪   鳥


    海 竹     鏡

星さんは
カメカメ波を打つように(イメージ)
波動を集めて、<字>を狙う。

哀れな字達は、
たちまち粉々。
細分化された粒子達は
記憶のなかのテーマに沿って
再び集...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2005年10月26日

中学生のときはピンと来なかったけど、今読むとかなり面白い。ようかんを使った彫刻の話がなぜだかツボにはまった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月09日

星新一さんの本の中で一番難しかったように思います。ショートショートもまたまたその中でもショートなお話ばかりです。宇宙人や空飛ぶ円盤が出てくるのは時代なのでしょう。
でも、まちのいたるところに監視カメラが設置され、見張られているような気のする現在の様子を見事に言い当てていると思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月06日

後期星新一なのでつまりそういうこと。オチでの驚きなどはないが、何か寓話というか、奇妙な味わいのある小品が並ぶ。神話というか、民俗的というか。全五章のうち、『夢20夜』が最も好みだった。後書きにある小説の書き方に関するちょっとしたコツも魅力的。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年02月07日

「つねならぬ話」4

著者 星新一
出版 新潮社

p52より引用
“「物語作者にたのみ、いい話に仕上げさせましょう。
われわれ貴族は、文化を育てなくては」”

 ショートショートの代名詞とも言える著者による、
お伽話短篇集。
 創作神話から昔話風味のお話まで、
くすりと面白くピリリと辛い短編が盛り...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「星新一」のこれもおすすめ

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play