自負と偏見

自負と偏見

作者名 :
通常価格 979円 (890円+税)
紙の本 [参考] 1,045円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

イギリスの静かな田舎町ロングボーンの貸屋敷に、資産家ビングリーが引っ越してきた。ベネット家の長女ジェインとビングリーが惹かれ合う一方、次女エリザベスはビングリーの友人ダーシーの気位の高さに反感を抱く。気難しいダーシーは我知らず、エリザベスに惹かれつつあったのだが……。幸福な結婚に必要なのは、恋心か打算か。軽妙な物語(ストーリー)に普遍の真理を織り交ぜた、永遠の名作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年07月29日
紙の本の発売
2014年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

自負と偏見 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月03日

    250年前でも恋の始まりは同じ「フッ面白い女」
    エリザベスもミスター・ダーシーも己の「高慢と偏見」をお互いによって乗り越えて愛を結んだのが美しくて誠実で素晴らしい。どなたかの言葉でオースティンの小説は絵のない漫画のよう、というものがあったけどまさにその通りで、言葉によって作られる世界の鮮やかさと変わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月21日

    200年前の作品とは思えないほど、作中人物が躍動している。思わず身近な人物を投影してしまうというのは、まさにこの小説がいまだに命を失っていないという何よりの証拠だろう。古典的ということは普遍的ということだ。
    なまじ安易なヒューマニズムを振りかざす”社会派”なものを読むよりもこちらの方が、世の中のティ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

     終始、面白可笑しい皮肉調で描かれているから、クスクス笑いながら読んでしまう。何か衝撃的な出来事があるわけではないけど、全場面が楽しくて、非常に好きな作品になった。つまらない場面が全くなかった。

     登場人物の生き方はみんな違っていて、それぞれの生き方は悲しかったり、惨めだったり、皮肉に思えたりする...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月07日

    タイトルから古典的名作であるということだけは知っていたが、ここまで正統派な恋愛小説であるとは思いもしなかった。

    エリザベスがダーシーに対する気持ちを変化させていく描写や、リディアの駆け落ちをきっかけに彼への愛を自覚する場面では不覚にもときめいてしまった。最終的に二人はどうなるのかが知りたくてたまら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月16日

    おもしろかった!!

    昔に書かれた本なのに、友達の話を聞いているみたいだった。(いい意味です)この世界の片隅に の すずさんを、友達と感じるようになるのと同じで。

    久しぶりに夢中になって読みました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月04日

    キーラ・ナイトレイ主演のこの映画を見なきゃと随分前に録画していて、その前に原作を読もうと購入。そうだ、恋愛ってこういう事だよなぁ。階級がはっきりしていた時代の話だけれど、普遍性を感じた。ダーシーのはじめの告白、断られたあとエリザベスに書き渡した手紙、そこからのエリザベスの思いの変化...何度も読み返...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月22日

    イギリス文学が好きだった若い頃を、先日訪れたイギリスで思い出し、エマ、自負と偏見を立て続けに読み返しました。
    200年前に書かれたとは思えない普遍の人間模様。
    次女のエリザベスの自由奔放でありながら、美しく聡明な姿とイギリスの田園風景。
    脇を固める少し(どころではなく)イラッとくるような登場人物たち...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月19日

    お恥ずかしい限りなのだが、自分はこの「高慢と偏見」(当本では「自負と偏見」)という題名のせいで、過去30年の間とんでもなく間違った認識を持ち続けていた!

    実は旧訳でも、英文でも最初の1ページだけ読んでいたのだが、どれだけ多くの難解な哲学的抽象論を越えて行かなければならないのか?と思わせる書き出しで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月10日

    「高慢と偏見」
    気になっていて、ずっと気になっていた作品であったが、他出版社から出ている訳版に挫折。

    あるサイトで、初心者向けの訳を探してこちらを購入。


    とても読みやすく、ダーシーとエリザベスを始めとする各登場人物の感情、変わっていく様がとてもよかった。

    もちろん主人公のダーシーが高慢だと気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月21日

    面白かった。タイトルが取っ付きにくいせいで昔のお堅い小説に見えるが、中身は現代の恋愛にも通じる恋愛小説。コバルト文庫のような少女小説が好きだった人にもオススメ。お互いに探り探りの距離感からの後半~ラストは、エリザベス父の「恋に燃える連中は…埒もあかないことを言うだろう」も含めて凄くいい。ときめくし、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています