フィツジェラルドの作品一覧

「フィツジェラルド」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/11/18更新

ユーザーレビュー

  • グレート・ギャツビー
    アメリカ文学史上、最も無茶でカッコいい男性。
    読んだら誰もがギャツビーのことをそう思うから読み継がれてきているのだなと思う。
  • グレート・ギャツビー
    何回読んでも誰が訳しても最高の一冊。

    愛する人への愛を貫けてギャツビーは幸せだったのでしょうか?
    わたしはそう思います。

    「ギャツビーは緑の灯火を信じていた。
    年々僕たちの前からあとじさりしてゆく底抜け騒ぎの未来を信じていた。そのときになれば、肩透かしを喰らうのだが、そんなことはかまわないー明日...続きを読む
  • グレート・ギャツビー
    奇跡的に内容を知らずに読み始めて、思わぬ悲劇の結末だったことに驚いた。
    いい人があまり出てこないという印象。人を見下していたり金でしか人を見ていなかったりして誰にも共感はできないが、そこが良かった。
    過去のデイジーもトムを選び、今のデイジーもトムを選んだのだと思うと複雑な気分になる。
    心理描写が巧み...続きを読む
  • グレート・ギャツビー
    98/100点
    著者フィッツジェラルドのミネソタで培われた「冬の夢」、狂騒的な生への渇望と、去ってしまった夢、あるいは近すぎて手から溢れてしまったかりそめの夢。
    遍くが28歳のフィッツジェラルドの骨髄から出る珠玉の文言で完成させられています。

    これを傑作と呼ばずして何が傑作でしょうか。
    歴史に残る...続きを読む
  • グレート・ギャツビー
     大学時代、米文学史の授業で習ったのがきっかけ。その後じわじわと再読する度好きになっていく。授業中に観た映画の(ディカプリオ主演ではない)目の看板がとても印象的で、再読の度に映像が蘇る。
     パーティーに来ていた人達は享楽的に集まっていただけとはいえ、誰一人として葬儀に出席しなかったのは恨みでも買って...続きを読む

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!