野崎孝の一覧

「野崎孝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/04/22更新

ユーザーレビュー

  • グレート・ギャツビー
    以下ネタバレ。



    この作品を理解するカギは最後の数段落にある。ここで作品の要点が作者自身の手でまとめられている。
    この作品の主要登場人物たちは西部(田舎)から東部(都会)に出てきた者たちである。作品のラストでは、語り手ニックは、アメリカ建国の父祖たちに思いを馳せる。アメリカ建国はヨーロッパという...続きを読む
  • グレート・ギャツビー
    一人の女に全てを捧げた男の栄華と破滅の物語。ギャツビーという男はアメリカを体現する人物であり、そこに優雅さと儚さを感じる。非常に美しい文章と表現で、実際に20世紀前半のアメリカにいるような、そんな気分にさせられた。
  • フィツジェラルド短編集
    『バビロン再訪』が特に良かった。フォークナーやヘミングウェイとは全く違う、米文学の王道へ…もしくは原点回帰って感じ。
  • グレート・ギャツビー
    学生時代に初めて読んだ時は全く良さが分からず途中で挫折したんですが、社会に出てしばらくしてから読んだらまぁ、どハマりまして。解説本とかまで読みました。訳は村上春樹よりこの野崎孝訳が私は好きです。
    初読では冗長に感じた比喩比喩比喩のオンパレードも、経験を積んで想像力にも幅が出たのか、再読時は、なんと豊...続きを読む
  • 老人と海
     一人の老人がひとり漁に出て、大魚と格闘し仕留める話である。そこに自然と人間に対する崇高なものが描かれている。老人であるがゆえの老いと、孤独もかいまみえるが、少年との心の交流はとてもピュアで美しいものである。
     大魚との長い格闘シーンは冒険家でもあった著者であるから描ける迫真に満ちたものになってい...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!