高橋健二の作品一覧

「高橋健二」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/05/27更新

ユーザーレビュー

  • 車輪の下
    読んだのは高校生の時ですが、かなり衝撃を受けました。こんなに読み返した本は初めてでした。
    描写の美しさと少年が向かう運命の物悲しさ、どちらも心を掴まれて、ほんとうに美しく思いました。
    悲しいお話、現代にも通じるところはみなさんおっしゃる通りあるなと感じましたが、この小説にかなり救われました
  • 春の嵐
     数あるヘッセの著作の中で『知と愛』に続く、かなり上位の作品となった。
     主要なテーマの一つとして、「青春と老い」があったと認識しているが、かつての青春の暗さもやがては心の内に定まるところを見つけ、私は今のところ否定的な言い方しか出来ないのだが、つまり人間は青春に限らず全ての過去を美化することしか出...続きを読む
  • メルヒェン(新潮文庫)
    頭を柔軟にして読むべし。そうでないと読みにくい。大人のための童話だと思うが、もしかしたら子供のほうがすんなりと受け止められるかもしれない。気づかされることが多かった。ヘッセらしさが充満している。
  • 車輪の下
    悲しく苦しい少年の心理描写が繊細に緻密に書かれていて、心が痛みました。
    愛溢れる子ども時代を送ることの大切さを実感しました。
  • メルヒェン(新潮文庫)
    読みにくい短編もあったけど、『アウグスツス』で一気に心惹かれて、凄く面白かった。
    『ファルドゥム』と『アヤメ』も好きだったな…
    大人の童話って言われているようだが本当にその通りで、宝箱にしまいたいような、温かさのある本だった。

新規会員限定 70%OFFクーポンプレゼント!