幸福論

幸福論

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

多くの危機を超えて静かな晩年を迎えたヘッセの随想と小品。はぐれ者のからすにアウトサイダーの人生を見る「小がらす」など14編。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 海外小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2016年04月22日
サイズ(目安)
1MB

幸福論 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2010年08月30日

    あらゆるものから自由であり得た子供時代の貴重な体験を回想しながら、真の幸福とは何かを語る『幸福論』をはじめ、人間として文学者として、幾多の危機を越えてきたヘッセが、静かな晩年に日々に綴った随想と小品全14編を収録。

    ヘッセの随想録ということで、彼の生活を少し垣間見ることができたかのように、とても読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月18日

    読んだ印象は日常のささやかなことを綴るエッセイ。
    真面目だけどちょっとお茶目なおじいちゃんと話しているような気分になります。
    結構スキ。でも若い子には退屈かも知れない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月25日

    短編集。
    お勧めは「幸福論」と「小がらす」。
    ストイックでもなく、エゴイストでもなく、ニヒルでもなく、なんともいえないすばらしいバランスを保った生き方。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月05日

    CREAという雑誌の読書特集で、中谷美紀が「読んでいて幸せになる1冊」と書いていたのが妙に心に残り、うん十年ぶりに読み返してみました。

    ヘッセを読んでいたころって中学生くらいで、文学少女を気取ってスタンダールとかトルストイとかカミュとか太宰とか芥川とか、とにかくそういう背伸びした読書がマイブーム...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月10日

    ゆっくりと、かみ締めるように読むことを要求されるような文章だけど、そうして読んだ時の感動は深く、心の底に広がって、他の本では得られない共感がありました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月02日

    ヘッセの晩年のエッセイとも言える短編集。
    老後に我が人生や人生観を語る内容で、素直な気持ちが打ち明けられている。人生における様々なエピソード、親しい人との死別、時間により熟成された経験と対比など多くの部分で同感できる。自己の人生観と対比させながら読んだ。
    詩人の文章であるからか、すっと受け入れにくい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月31日

    「何にも期待していない状態」や「何かを失う不安を持たない状態」、「純粋な今現在」こそが幸福である、ということを意識していれば、いつでもどこでも幸せになれるのかなと思った。
    2014/1/3

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月03日

    幸福とは何か。没時間性とは何か。どういうときが幸福なのかをヘッセ流に書いたものです。こういう幸福論もありかなと、しばらくはかぶれながら過ごしました。一理ある幸福論です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月24日

    -幸福を体験するためには、何よりも、時間に支配されないこと、同時に恐怖や希望に支配されないこと-

    ノーベル文学賞受賞者、ヘルマン・ヘッセの晩年の随想・小品をヘッセと親交のあった訳者、高橋健二氏が「人生の意味をふかく具体性ゆたかにとらえているものを選んで訳出」した名冊。引用は本書タイトルにもなった「...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月11日

    幸福とは相対化する対象があって初めて機能する感覚なのだろうか。
    今、幸福だと感じている人はそれそのものに対して幸福を感じているのか、それとも誰かとあるいは過去の自分と比較して幸福であると感じているのだろうか。
    幸福を定義づけられるほどの哲学も持ち合わせていないので、そんなものは場合によるし人それぞれ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング