ヘルマン・ヘッセの一覧

「ヘルマン・ヘッセ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/03更新

ガラス玉演戯
  • ブラウザ試し読み

ガラス玉演戯
  • ブラウザ試し読み

郷愁
  • ブラウザ試し読み

郷愁
  • ブラウザ試し読み

クヌルプ
  • ブラウザ試し読み

幸福論
  • ブラウザ試し読み

荒野の狼
  • ブラウザ試し読み

荒野のおおかみ
  • ブラウザ試し読み

シッダールタ
  • ブラウザ試し読み

車輪の下
  • ブラウザ試し読み

車輪の下
  • ブラウザ試し読み

車輪の下
  • ブラウザ試し読み

青春は美わし
  • ブラウザ試し読み

知と愛
  • ブラウザ試し読み

漂泊の人(クヌルプ)
  • ブラウザ試し読み

ヘッセ詩集
  • ブラウザ試し読み

メルヒェン(新潮文庫)
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 車輪の下
    最近で一番気に入った本。
    もともとの文も綺麗だけど、翻訳の高橋さんの腕の良さが際立つ。本当に綺麗な世界観で、ヨーロッパ行きたくなる。

    内容は、共感する人、しない人で大きく分かれるんじゃないかな。
  • デミアン
    実存思想を感じる。ニーチェもなんどか言及されてる。自分のロマン的自我理想を思い出すきっかけになった。何か少し取り戻せた気がする。
    人生か味気なくなったとき、自分が本当に求めているものは何か見失ったときに、また読みたい。

    p.s.
    「おのれに帰れ」が、ヘッセの基本思想であると記載。おのれに帰るとは何...続きを読む
  • 車輪の下
    学校や制度、または社会を「車輪」に見立てたヘッセの自伝小説
    神学校受験前に水車を壊すシーンが、自然児である自分との決定的な決別の象徴であり、多感な少年にとって残酷な場面であると感じた。
    ハンスは、無垢で感受に富む少年たちを均一化する教育(神学校や教師)や社会と自分らしく生きるために戦い、そこで疲弊し...続きを読む
  • デミアン
    生涯の一冊になりました。

    「肝要なのは 、任意な運命ではなくて 、自己の運命を見いだし 、それを完全にくじけずに生きぬくことだった 」

    この一節に救われたような気持ちになりました。この作品は様々な萌えどころもありますが、人生の「指導者」になってくれる良書です。進路や人生に迷った時、何度も読み直し...続きを読む
  • メルヒェン(新潮文庫)
    ヘルマン・ヘッセの『メルヒェン』に収められている、「アウグスツス」に不覚ながら涙した。

    アウグスツは、生まれた時に「誰からも愛さずにはいられないように」と母親から願いをかけられ、その通りになる。

    子どもの彼には、天使の歌声が聞こえた。

    しかし、誰からも愛されるあまり、彼は傲慢になり、
    あらゆる...続きを読む

特集