「ヘルマン・ヘッセ」おすすめ作品一覧

「ヘルマン・ヘッセ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/11/03更新

車輪の下
  • ブラウザ試し読み

ガラス玉演戯
  • ブラウザ試し読み

ガラス玉演戯
  • ブラウザ試し読み

郷愁
  • ブラウザ試し読み

郷愁
  • ブラウザ試し読み

クヌルプ
  • ブラウザ試し読み

幸福論
  • ブラウザ試し読み

荒野の狼
  • ブラウザ試し読み

荒野のおおかみ
  • ブラウザ試し読み

シッダールタ
  • ブラウザ試し読み

車輪の下
  • ブラウザ試し読み

車輪の下
  • ブラウザ試し読み

青春は美わし
  • ブラウザ試し読み

知と愛
  • ブラウザ試し読み

漂泊の人(クヌルプ)
  • ブラウザ試し読み

ヘッセ詩集
  • ブラウザ試し読み

メルヒェン(新潮文庫)
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • デミアン
    この作品の中にはまた会いに来たいと思う人がたくさん出てくる。そう感じるそう思える作品だった。よさを要約するのは難しい。ただ、強い共感のような小説に本来期待していたようなものがここにはあったと思う。前提が必要なのか、タイミングがあるのかはよくわからない。ひとつは青臭さを自覚している人にとってはきっとい...続きを読む
  • シッダールタ
    作りが良い。ヘッセの深い理解をヘッセの理解として提示している。主人公と仏陀は別人である。そして別人であることが自在に描くことを可能にし中身を豊かなものにしていると思う。欧州の仏教理解は日本のものと微妙に違う感じがありこれもとても面白い。
  • 荒野のおおかみ
    よく描けていて読むのは大変かもしれない。でも、悪い意味で大変なのではなくて深く響くから大変という感じ。建設的に捉えれば多く学びや気付きがある作品だと思う。
  • クヌルプ
    雪降る中での神との対話は、これまでの人生の中でも有数の「あまりに美しい」文章だった。この美しさを求めて何度でもページを捲りたくなる、そんな一冊。
  • 車輪の下
    太古から受け継がれている文学、というだけあり、爽快だとか幸福だとかは言い難い作品でしたが始終圧倒されました。
    なにより高い文章力・・・自滅、という言葉がぴったりな主人公ですがどこか儚く、美しく、耽美でした。

特集