「ジェイン・オースティン」おすすめ作品一覧

「ジェイン・オースティン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/09/21更新

ユーザーレビュー

  • 100年後も読まれる名作(7) 赤毛のアン
    絵がかわいくて、文章も読みやすく小学校低学年の女の子が読むのにピッタリです。
    これで興味をもって、もう少し長い文章が読めるようになった頃にちゃんとしたのをよむきっかけにもなれば。
  • 高慢と偏見
    過去に新潮文庫の「自負と偏見」を読んだことがあって、回りくどさがあるものの楽しく読んだ。
    同じ作品を訳者の違うもので読んだのは「グレートギャツビー」以来。

    英の郊外の地主ベネット家の次女エリザベスとベンバリー屋敷の当主Mr.ダーシーとの恋愛物語。
    主にエリザベスの視点で物語は進んでいく。

    第一印...続きを読む
  • 自負と偏見
    外国文学は苦手意識があったけれどこれはとても読みやすかったです。
    登場人物の個性がしっかり書き表されていて楽しいし、ストーリーも後半になるにつれぐいぐい惹きこまれ先が気になって仕方がなかったです。
    だから長いけど途中でだれることなく読めたし読み切って良かったと思いました。
    本って、人によって好きにな...続きを読む
  • エマ(下)
    ジェイン・オースティンの作品の素晴らしい点は色々あるけれども、一つにはその卓越した表現だと思う。クドいわけではない必要最低限の言葉で、読者が容易に個々のキャラクターを頭の中で想像することができる。しかもこれほど似ている主題で書いておきながら、他作品とは全く別人として書き分けされているのだから凄い。
    ...続きを読む
  • エマ(下)
    内容は、昼ドラですら取り上げないような恋愛ドタバタコメディーといった風体なのに、最後まで一気に読ませてしまう。全くものすごい文章としか言い様がない。主人公エマと、周りの人々の会話が特に素晴らしく、息をつかせない。
    (2017.7)