ジェイン・オースティンの一覧

「ジェイン・オースティン」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/03/08更新

ユーザーレビュー

  • 自負と偏見
    イギリス文学が好きだった若い頃を、先日訪れたイギリスで思い出し、エマ、自負と偏見を立て続けに読み返しました。
    200年前に書かれたとは思えない普遍の人間模様。
    次女のエリザベスの自由奔放でありながら、美しく聡明な姿とイギリスの田園風景。
    脇を固める少し(どころではなく)イラッとくるような登場人物たち...続きを読む
  • 自負と偏見
    お恥ずかしい限りなのだが、自分はこの「高慢と偏見」(当本では「自負と偏見」)という題名のせいで、過去30年の間とんでもなく間違った認識を持ち続けていた!

    実は旧訳でも、英文でも最初の1ページだけ読んでいたのだが、どれだけ多くの難解な哲学的抽象論を越えて行かなければならないのか?と思わせる書き出しで...続きを読む
  • 高慢と偏見
    古典文学を読むのは初めてといってもいいかもしれない。何しろ200年以上も前に作られた小説。テーマは本のタイトルの通りである。
    同じカースト(クラス)以外の結婚はご法度のこの時代、それでもミスターダーシーは諦められずに婚姻を迫る。彼のステイタスから発する高慢で横柄な態度をエリザベスがへし折っていく、そ...続きを読む
  • 自負と偏見
    「高慢と偏見」
    気になっていて、ずっと気になっていた作品であったが、他出版社から出ている訳版に挫折。

    あるサイトで、初心者向けの訳を探してこちらを購入。


    とても読みやすく、ダーシーとエリザベスを始めとする各登場人物の感情、変わっていく様がとてもよかった。

    もちろん主人公のダーシーが高慢だと気...続きを読む
  • 高慢と偏見
    楽しすぎて読みながら終始にやにやしてしまった。タイトルからはお堅い古典のような印象を抱いていたけど、まったく違った。先が気になって仕方がなくなる海外ドラマみたいだった。じれったくて、もどかしいくて、甘い。

    時代設定は『高慢と偏見』よりも約100年後だけど、『ダウントンアビー』を見ていたおかげで貴族...続きを読む