「酒井順子」おすすめ作品一覧

「酒井順子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2019/03/13更新

ユーザーレビュー

  • 男尊女子
    「負け犬の遠吠え」以来、
    なぜ、この方のセンサーは1ミリも劣化がないのか、本当にすごい。

    こんな風に年を重ねていきたいと思う。
    そして、少しでも男女の格差がなくなるように、
    小さくてもあがいていきたいと思う。
  • 裏が、幸せ。
    裏日本という言葉は差別用語のように言われ、姿を消した。しかし、著者は「裏」という言葉に秘められた、また醸し出す日本的な美しさがあること、またそれが「裏」に人たちにとっても受入れられていることを主張している。「内裏」「裏千家」など、情緒のある言葉が多いことは事実である。文学にも詳しく泉鏡花,室生犀星、...続きを読む
  • 源氏姉妹
    下世話な感じだけれど、源氏物語って今風にしたらこんなものなのかもしれない。巻末の座談会が面白かったなあ。あと『源氏の誘いをはねのけた人たち』という分科会もあったら良かったのに。この人たちは本編で語ってるからそれで十分ってことなのかな。
  • 自意識過剰!
    人気エッセイストの酒井順子先生の著書。自意識過剰でついつい相手をマウンティングして買った負けたと考えてしまう、他人にどう思われているのかを過度に気にしてしまう、わかるわかると思いながらあっという間に読み終えてしまいました。日本人は自意識過剰な集団なのかも。
  • 快楽は重箱のスミに
    鉄道エッセイで好感をいだいた著者。タイトルを見ただけで即購入したが、読んでみて刺激的な内容に驚いた。「地下旅!」では受け身な姿が飄々として良かったが、本書ではエロティックなまでの赤裸々な快楽の求め方を語る著者の、また別の面を見た思いがしてたいへん宜しい。男の作家が書いたようにも感じたりするのだが、女...続きを読む