負け犬の遠吠え

負け犬の遠吠え

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
紙の本 [参考] 671円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

嫁がず、産まず、この齢に。負け犬、今なお増殖中! 日本を揺るがしたベストセラーが文庫に! どんなに美人で仕事ができても、30代以上・未婚・子ナシは「女の負け犬」なのです! 鋭い分析と、ユーモア溢れる文章で、同世代の本音を描き出した超ベストセラー。国内外で話題騒然、大論争にも発展した、講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞受賞作。〈文庫版特典「オス負け犬たち4人との座談会」を収録〉(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
352ページ
電子版発売日
2013年12月06日
紙の本の発売
2006年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

負け犬の遠吠え のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年02月06日

    これも再読本。
    このカバーデザインは、佐藤可士和さんです。

    昔読んで名著!と感激して、どこかの
    ビジネス読書会でお勧めしてしまった記憶あるのですが
    改めて読んでもやはり名著。

    本書で頻繁に出てくるキーワード、「いや汁」とか
    「腐臭」など。
    例えば、三十路過ぎた女性が親と同居している、と
    語ったと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月21日

    どんなに仕事が有能でも、美人でモテモテでも、30代で独身、子無しの女性は負け犬。シングル女性にとってはなんとも屈辱的な定義なのですが、自身も負け犬を自認する著者の、なんともユーモアな語り口についつい笑わされてしまう。
    もちろんただの惨めな自虐に終わっておらず、後輩世代への「負け犬にならないための十か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月15日

    随分久しぶりに読み返してみた。自分も年を取って分かったことがある。今の酒井さん(著者)がどうなのかが知りたい気分になった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月14日

    読み終わって、爽快な気分^^抱腹絶倒、愉快、納得・・いろいろ感じました。
     やっぱり、触れちゃいけない部分を軽快な文章で書いた作者の観察力と文章力に脱帽です。巻末の「オスの負け犬」座談会に登場する人々・・・結構、沢山周りにいそうです。ダレ夫、ジョヒ夫、オタ夫、ダメ夫・・これにもゲラゲラ笑っちゃった。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月05日

    どこで、紹介されていたのかは不明ですが、最近の時世を考える系の本として紹介されていたような気がします。

    面白かったです。
    30代以上の独身女性を「負け犬」、既婚女性を「勝ち犬」として書かれたエッセイ。

    私、既婚子持ち女性ですが、
    内館牧子さんや有働由美子さんなど、独身女性の書くエッセイが昔から好...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年06月28日

    独身、結婚、出産育児。
    女性の関係が今までと変わっていくことの描写がぐっときた。

    「同じ日本語を話すので相手の話の意味は理解できるけれど、その話に対して心の底から共感し、分かち合うことがどうしてもできないのです。これは、かなり寂しい感覚です。」

    友人と話していても前ほど楽しくないなって思っていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年11月06日

    「二十二歳だった私が独身のまま、一年また一年と歳をとった結果、三十五歳で独身の女となったのです。」

    「負け犬」を広めた本。
    「負け」という単語があるが、それは女の幸せという観点から。
    女の幸せとは、出産・子育てだという。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月29日

    女性負け犬の生態、考え方が、同じ女性である著者の視点から鋭く描かれ、洞察されている。しかし、文庫本1冊分、そればかり・・・というのは、途中疲れてくる。
    家庭で家事や育児で擦り切れ、ヘトヘトになっている女性たちと比べて、本当に負け犬といえるのかどうか、とも思った。
    一方、男性の負け犬の生態、動向、考え...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月29日

    負け犬著者の負け犬論

    この1冊で負け犬の生態系がわかります

    引用すると、
    負け犬の場合は、一応はまだ売り物という立場です。

    製造年月日が古い牛乳は、たとえ前列に並べられたとしても、
    賢い消費者は新しい製造年月日の牛乳を買うものです。

    陳列台に残された古い牛乳は、新しい牛乳に対しても、
    そして...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年02月11日

    負け犬負け犬負け犬、こんなに繰り返されると、笑っちゃうね!
    でも、ほんと、そうそう!と思えることが多々ありました。
    負け犬から脱した友達に読んだ方がいいといわれ読んでみたけど、結婚願望が昔からあった私には、これを読んで生まれる焦燥感とかはありませんでした。だって、全部気づいてましたもの。
    とにかく、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています