たのしい・わるくち

たのしい・わるくち

作者名 :
通常価格 529円 (481円+税)
紙の本 [参考] 534円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「わたしは負け犬でーす。きゃいーん」とおなかを見せて開き直り、淡々と人生を歩む「自称・年寄」の酒井順子が女のウソを看破。「つきあおう、とか言われて困っちゃって」「アタシってぼーっとしちゃってるからー」「○○ちゃんって、すっごくいい子なのよ」「お医者さまに行ったほうがいいわ」「いいなあ、田舎がある人って」──だまされてはいけません。こんな台詞のウラにも、毒や悪意が隠されているのです。痛快きわまりないわるくちの数々。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
254ページ
電子版発売日
2011年09月16日
紙の本の発売
1999年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

たのしい・わるくち のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    最高です。
    ブス・おっちょこちょい・自慢しい・ヤリマン・アバズレ・貧乏くさい・カマトト(死語だけど)etc 
    悪口はいけないことってわかってるけど、やめられない。いけないことだからこそ、言うと楽しい反面・・不安にもなる。
    悪口の壷があう人とは仲良くなれる(笑)
    あのひとあれだよね・・・え そ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    何気なく手にした本。面白い面白い。一気読み〜佐藤愛子さんや、林真理子さんのエッセイにも繋がるものがある・・イジワルさが最高。楽しめる。笑える。元気が出る。実は、負け犬の遠吠えは読んでないのだが、さっそく読まなくちゃ〜
            2007.12

    0

    Posted by ブクログ 2015年05月30日

    面白い。

    美人の悪口とか。わかるわかる。笑!!モテナイ女の美人悪口!!!笑!!!いるいる!!!笑!!!!!っていう、女子あるある多数!!!

    しかも、思ってた?やっぱ?みたいなこともあって、まさか他人には言えないけど、やっぱ思う?よね?みたいな、自分の腹黒さをひた隠しにして生きているものの、心の内...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2011年07月10日

    自分を同時にけなすことによって、読者の反感を買わないようにしつつ、悪口が沢山書いてある。
    自分のなんとなーく、な感情が、細かく鮮明な描写されて、私って実はこんなに悪いことを考えていたのか…と冷汗ものである。

    巻末の対談で、一茂が、女性の観察力ってすごいですね。と言っているが、すごいのは女性ではなく...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2010年10月30日

    ヒヒヒと心の中で笑いながら読みました。

    本編とは関係ありませんが、巻末の著者と長嶋一茂の対談を読むと、「一茂って、意外と器大きい人なんだなぁ。」とウッカリ感心してしまいます。

    0

    Posted by ブクログ 2010年10月21日

    帯の通り・・「性格が悪いのは私だけじゃないんだ!」なんて、ちょっと胸を撫で下ろせました。
    他人に対して思う処は色々在る訳で・・。
    でも、この本の“わるくち”は至極もっとも。時には「はっ・・!この“わるくち”の対象って・・、もしかして私かも~;」なんて青ざめてみたりしちゃいます。
    “わるくち”もたまに...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2010年07月05日

    2010.07.05 (53) それを言っちゃおしまいだよ、というような内容が知性的にかかれており、面白い。しかしR15指定ぐらいはして欲しい。あまり中学生の娘に読ませたくない。変にませるというかひねくれた性格になりそうで怖い。

    0

    Posted by ブクログ 2009年11月19日

    お前は俺か!
    と幾度も作者に言いたくなった本。
    ここまで赤裸々なことを下品でなく論理立てて書けるのはすごい。

    0

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

      女の子が読むと、ものすごくうなずくと思う。
      男の人が読むと、カルチャーショックな部分もあるかも(笑)
      とりあえず、わるくちは言わない様にしようと思いました。。
      実践にも使えます(笑)

    0

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    あーわかるわかる!と読みながら何度頷いて笑ったことか。きっと女なら誰でも大なり小なりこんな事思ってる。だけど恐ろしくて全て曝け出せたもんじゃない。そんな気持ちが重々と詰まってる感じ。きっと男性には解り難いであろう心理で、女性独特のものなのかもしれない。読んでいてすっきりと爽快な気分になる程。この方の...続きを読む

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング