「筒井康隆」おすすめ作品一覧

「筒井康隆」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:筒井康隆(ツツイヤスタカ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1934年09月24日
  • 出身地:日本 / 大?阪?府
  • 職業:作家

同志社大学文学部卒。1965年処女作品集『東海道戦争』を刊行。1981年『人たち』で泉鏡花文学賞、1987年『夢の木坂分岐点』で谷崎潤一郎文学賞、1989年『ヨッパ谷への降下』で川端康成文学賞、1992年『朝のガスパール』で日本SF大賞をそれぞれ受賞。映画化、ドラマ化、漫画化されている作品は数多い。『時をかける少女』など数多くの作品を手がける。

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/10/10更新

家族八景
  • ブラウザ試し読み

愛のひだりがわ(新潮文庫)
  • ブラウザ試し読み

朝のガスパール
  • ブラウザ試し読み

アホの壁(新潮新書)
  • ブラウザ試し読み

暗黒世界のオデッセイ
  • ブラウザ試し読み

おれに関する噂
  • ブラウザ試し読み

おれの血は他人の血
  • ブラウザ試し読み

家族場面
  • ブラウザ試し読み

狂気の沙汰も金次第
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 残像に口紅を
    はじめは、感情の起伏の少ない主人公で、
    お話も淡々と進んだ
    話が進むにつれ、言葉が減るにつれ、主人公がカン豊かに表現するようになる
    言葉は、知るだけでなくその使い方が大事なのだと思った
    たくさん言葉が使えても、使い方がまずいと伝わらない
  • ロートレック荘事件(新潮文庫)
    久しぶりに大満足の内容。
    やっぱり僕はどんでん返し系が好きなんだなぁ。主人公の独白が胡散臭いところがあったから、もしかしてそうかも。。。と感づいてた自分にミステリー慣れを感じる。
  • 旅のラゴス(新潮文庫)
    旅する先々で老若男女問わずモテるラゴス。その人たらしさが面白くてすぐ読み終わってしまった。アルケミスト風。
  • ロートレック荘事件(新潮文庫)
    超面白かった!!

    序盤、セリフが読みにくくて何度も読み返し。
    読み返しても誰のセリフかイマイチわからず。
    もうあきらめて読み進めよう。

    そんなセリフのことや、主人公が多才過ぎること、主人公の花嫁候補の存在、主人公の薄情さなど
    ずーっと変な違和感があるけど、気に留めるほどでもない程度のこと。

    ...続きを読む
  • 時をかける少女
    毎年夏に「時かけ」のアニメ映画放送されると「ま、私この原作もちゃんと読んだもんね」的な優越感が。原作のヒロインが圧倒的に上品なことで。最後切なくてすきです。

特集