ビアンカ・オーバースタディ

ビアンカ・オーバースタディ

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

ウニの生殖の研究をする超絶美少女・ビアンカ北町。彼女の放課後(オーバースタディ)は、ちょっと危険な生物学の実験研究にのめりこむ、生物研究部員。そんな彼女の前に突然、「未来人」が現れて--!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2016年05月25日
紙の本の発売
2016年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

ビアンカ・オーバースタディ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年11月03日

    80歳になんなんとする大御所作家が、ラノベを書くというそのことだけでも面白いが、さらにその内容も荒唐無稽で不謹慎、下品でくだらなくて、パロディやメタ的なのでたまらない。ぼくもビアンキ様に●●てもらいたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    最後まで読んでみたら割と悪くない作品である…と思いましたねぇ。社畜死ね!!

    ヽ(・ω・)/ズコー

    後半のSF的展開はちょっとこちらの想像力が追い付かない部分がありましたが…前半の、何やら理科実験室みたいなところで妙な実験を繰り返しているシーンのが面白かったですねぇ…中にはモロ下ネタなシーンもあ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    ラノベの真似をしても,やっぱり筒井康隆は筒井康隆。薄く気取ったことが嫌いでどんどん露悪的になっていくのが真骨頂か。
    だんだんこちらが年を取ってきてついていけなくなる気もするけれど,作者の方がずっと年上だからなあ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月13日

    ラノベ書きたいとふと思い立って、このレベルのものをかけるのだから作家先生ってすごい。
    過剰に持ち上げることを忌避するなら、ぼくには刺さらなかった。ラノベ読者の胸にはどうか、気になるところ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月31日

    久しぶりだなぁ筒井康隆さん!
    「ライトノベル」という触れ込み、いとうのいぢさんのイラスト、
    それらが見事にミスマッチに感じる、エロくてグロくてイテテな世界(^^;。
    (まあ確かに多少「ライト」ではあったけどさ…)
    今っぽく新しそうな作品なのに、とても懐かしい気分で読みました(´ω`)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月18日

    お世辞にもお上品な内容とは言い難いが、先生ご乱心と言ったところだろうか。
    良くも悪くも古典的超展開SF。
    ビアンカの美少女設定が過剰すぎるような気がした。
    ビアンカマジキチなんじゃないかと思わなくもないが、ギャップ萌えとか言うのだろうか。
    未来人の断定の仕方が雑。というよりも、世の男性にとっては屈辱...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月06日

    筒井康隆だし、文庫になったし、読んでみるか〜なんて斜に構えて手に取った本。
    そしたら「時をかける少女」っぽくなってきて、さらには巨大カマキリが登場!
    わ〜、これ「虚航船団」じゃん!

    というわけで、そこからは手が震えつつ一気に読み進めました。この作品を読んで筒井康隆のほかの作品を読むもよし、筒井康隆...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2020年05月28日

    いとうのいぢの挿絵も手伝ってギリギリラノベらしい体裁を整えているものの、内容は筒井康隆だ。よくもわるくも!

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2017年06月17日

    筒井康隆氏の初ラノベ。内容は直球的なエロい描写があったり、グロい描写があったり突然未来にいったりと、ラノベというよりも設定が何でもありのケータイ小説を読んでいる感覚。(以前読んだ、「ここはボツコニアン」に印象が似ている気がする。)ただ、ラノベの設定に対しての皮肉が織り交ぜられたりして、話の筋はしっか...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2016年08月12日

    ウニの生殖では満足できず、人口受精して人の生殖へ。それだけでは足りずに、人とカエルのキメラまで。ぶっ飛んだ話でさらっと簡単に読めました。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています