恐怖

恐怖

作者名 :
通常価格 488円 (444円+税)
紙の本 [参考] 492円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

おれは殺される! 次に殺される! でも誰に? 静かで文化的な姥坂市で起きた連続殺人事件。閨秀画家の絞殺にはじまった殺人犯の狙いはどうやら、町に住む文化人を皆殺しにすることらしい。作家の村田勘市は、臆病な性格が災いして、次第に半狂乱に追い詰められていく。犯人は何者か? 何のために殺すのか? 謎解きのサスペンスにくわえ、「恐怖とは何か?」という人間心理の奥底に鬼才・筒井康隆がせまる異色傑作ミステリー! 不気味な目次も必見です。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
192ページ
電子版発売日
2011年06月10日
紙の本の発売
2004年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

恐怖 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年12月13日

     文化人を標的にした連続殺人事件がきっかけで恐怖にさらされる文化人・村田が主人公のお話。犯人が誰であれば筋が通るか、あるいは推理小説として面白いかなどを考えるメタミステリの要素と、「恐怖」とは何なのかを考える哲学的要素、どちらも楽しめる。恐怖に怯える人たちが筒井さんらしく誇張して描かれていて笑えるの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月18日

    恐怖とは、
    ググッとのめり込めるおもしろい小説で、ちょっと日帰りで京都に行った往復の電車で読み切ってしまいました。恐怖を驚愕・戦慄・仰天に分類したところは納得ものです。筒井さんはもっとはじけた結末を作ると想像してましたが、案外頷けるものでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    レトロチックな雰囲気の中で進んでくのに、現代っぽいところもあって。独特の世界観に惹かれます。トリック的な部分はあんまり無いけどこういうのが実は怖かったり…恐怖です

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月12日

    作家が住む街で連続殺人事件が起こり「次は自分が殺されるかもしれない」と感じ、その恐怖で生活がどんどんおかしくなる話。

    んー。
    犯人探し的なミステリーという感じではない
    殺されるかもという恐怖はなんとなく軽薄で
    どこか滑稽なギャグみたいな雰囲気で

    先が気になってあっという間に読めた、という意味では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月23日

    忙しい時期が続いているので、筒井康隆御大作品の大ファンなのにもかかわらず、買っただけで読んでいないものが何冊かある。
    しかし、この作品、何気なく冒頭を読み始めたら先が気になって、読んでしまった。

    何より、連続殺人事件の設定がすばらしい。
    いくらでも妄想が膨らむ。

    以下、ネタバレ注意。


    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月10日

    登場人物に読み手が共感して感じる恐怖と言うより、登場人物の行動や内心を読み恐怖を感じるシチュエーションやその種類を理解する、恐怖の考察を小説にした様な本であった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年03月17日

    筒井の発想はいつも新鮮である。本作品は筒井流のオリジナル・ミステリーである。本文でのアガサ・クリスティーなどのミステリーの言及も興味深い。爆笑はなかったが、他の筒井作品ともかぶる点が楽しめた。ミステリーとしてはそこそこのできである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年05月21日

    ミステリというより筒井先生に「恐怖とはなんぞや」という講義を受けているような内容。おもしろいとかおもしろくないではない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月09日

    疑心暗鬼で臆病で発狂という筒井康隆らしいミステリ。話が面白い反面、薄く字がでかいので、あっという間に読めてしまって物足りない。「邪眼鳥」の方が好み。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月18日

    ミステリーorホラーかと思いきや、
    恐怖を覚える人間の心理が延々と書き連ねられる一作。
    ある意味肩すかしでもあり、
    人が恐怖をつのらせていくプロセスが楽しくもあり。

    ただまあ、もう少しストーリーとして
    まとまってほしかったかもなぁという気も。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング