「宮本輝」おすすめ作品一覧

「宮本輝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮本輝(ミヤモトテル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年03月06日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

追手門学院大学文学部卒。1997年『泥の河』で第13回太宰治賞を受賞しデビュー。『螢川』で第78回芥川賞を1978年に受賞。『優駿』で吉川英治文学賞(歴代最年少40歳)、初代JRA賞馬事文化賞を受賞。2作共に映画化された。その他作品に『骸骨ビルの庭』、『青が散る』、『ドナウの旅人』などがある。2010年に秋紫綬褒章受章。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年8月号

作品一覧

2018/07/10更新

ユーザーレビュー

  • 錦繍
    根っからタイプの異なる4人の男女が登場する。
    飄々と生きる欲に素直な人間、世間体を取り繕って生きる二面性のある人間、恬淡無欲に生きるマイペースな人間、常に他人と比較しながら生きる神経質な人間。

    とても面白いのは、それぞれのタイプの人間がある場面でどの様に考えて行動するのか、その結果をどう受け止める...続きを読む
  • 焚火の終わり 下
    保守的な作家だと(根拠もなく勝手に)思っていたので、このテーマと性描写は意外。

    余談ですが、宮本作品にはかなりの頻度で「糖尿病」と「岡山」の2ワードが出てくる。今回は出ないな、と思っていたら、出た出た、後半も後半に。やはり出たか!と少し笑ったじゃないか。作家連想クイズというものがもしあって、この2...続きを読む
  • 田園発 港行き自転車 上
    宮本輝の長編小説は、やはりいい‼️

    人間の性(サガ)とそれによるやるせない展開がありつつも、人の深いところでの良心を信じる人々の思いが詰まったストーリー。

    下巻を早く読みたい。
  • 愉楽の園
    もう30年近く前に1年間過ごしたタイ。
    匂いや湿気、喧騒とか一気に蘇ってきて
    息苦しくなる様な小説だった。
  • 胸の香り
    一編一編から、強い香りが漂う。この香りに私が気付くことができるのは、物語の質の高さは勿論だが、私に子ができたということも理由の一つにあると思われる。自分が産んだ産まないではなく、己の命を削っても何かを懸命に育てるという経験のことである。

特集