「宮本輝」おすすめ作品一覧

「宮本輝」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:宮本輝(ミヤモトテル)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1947年03月06日
  • 出身地:日本 / 兵庫県
  • 職業:作家

追手門学院大学文学部卒。1997年『泥の河』で第13回太宰治賞を受賞しデビュー。『螢川』で第78回芥川賞を1978年に受賞。『優駿』で吉川英治文学賞(歴代最年少40歳)、初代JRA賞馬事文化賞を受賞。2作共に映画化された。その他作品に『骸骨ビルの庭』、『青が散る』、『ドナウの旅人』などがある。2010年に秋紫綬褒章受章。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年11月号

作品一覧

2018/10/10更新

ユーザーレビュー

  • 青が散る(下)
    中盤でテニスの試合を長々と展開する場面は中だるみがあったけれど、見所と言うべきなのだろうか、場面場面で情景がみるみる浮かび心震わされた。それは全体にも言えたし、主人公の試合でのメンタルや日常の精神的な青さ、青春が散ると自覚ラストシーン。見事な物語だったと思う。
    そして残るなんとも言えない悲しさ。喪失...続きを読む
  • 三十光年の星たち(上)
    今は廃れた修行という言葉だが、この本を読むとこの古い修行というものに憧れを感じる。自分には30年という時間は残されていないが、これからでも何かひとつ取り組んでみたいという気にさせられた。
  • 骸骨ビルの庭(上)
    宮本輝さんだし、面白いんだろうな
    と思ったら、やっぱり面白い。

    時代の苦境にあった主人公が、運命のように子供達に
    出会い、寺子屋のような学びやが形成されていく、
    (「学校」ではない。)
    こういうスタイルのストーリーが、宮本さんの
    作品にたまにある気がする。
    作者自身がこういった仕事をしたいと思って...続きを読む
  • 星宿海への道
    久しぶりに凄い小説を読んだ気がする。
    実はスケールが非常にに大きくて深い。

    ウイグル族とのつながりが気になっていたが、なるほどなあ。

    尾道が好きで二度行ったが、やはり日帰りではなく、時間をかけて島まで渡ってみる必要があるなあ。
  • 錦繍
    読み始めから名作であることがわかった。美しい文章、早く先を読みたくなる展開、甘く切ない感情の変化。

    若くてすれ違ってしまった男女が、蔵王で再会する。別れた後の人生に空虚さを感じ過去に生きていた二人は、書簡を通じて、人生に意味を見出す。

    随所で輪廻転生という仏教の教えが反映されている。最近はどちら...続きを読む

特集