五千回の生死

五千回の生死

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「一日に五千回ぐらい、死にとうなったり、生きとうなったりする」男との束の間の奇妙な友情(表題作)。トマトを欲しながら死んでいった労務者から預った、一通の手紙の行末(「トマトの話」)。癌と知りながら、毎夜寝る前に眉墨を塗る母親の矜持(「眉墨」)。他に「力」「紫頭巾」「バケツの底」等々、日々の現実の背後から、記憶の深みから、生命(いのち)の糸を紡ぎだす、名手宮本輝の犀利な「九つの物語(ナイン・ストーリーズ)」。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年10月04日
紙の本の発売
1990年04月
サイズ(目安)
1MB

五千回の生死 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年08月15日

    やっぱり短編上手だなー。すごいなあ。短い文章だけど、一つ一つが深い。小説読むっていいなあ、と思わせる本だなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月05日

    この本、確か三読目。9つの話からなる短編集。何れも短編の妙味を玩昧できる。とりわけ「眉墨」。年老いた母親が死の病の影に怯えながら、就寝前にせっせと眉墨をひく手を休めない様子を眺める息子。その描写は、あたかも一幅の淡墨画のような美しさをたたえ、生命の持つ逞しさと儚さが合わせ鏡のように映る。いずれの話も...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月08日

    もう圧倒的に好き。二十歳の火影以降、宮本輝さんの短編集ははずれなし。こんな短い文章でなんでここまで、揺さぶられるのか。憧れ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年11月05日

    短編集が、好きだ。
    村上春樹の「象の消滅」「レキシントンの幽霊」にはじまり、
    辻仁成「千年旅人」、堀江敏幸「雪沼とその周辺」・・・どれも素敵で、
    印象に残っている。その作家の作風とユーモアに溢れていて、
    ひとつひとつの文章に「その人らしさ」が感じられるからだ。

    そして、宮本輝。
    彼の本はちゃんと読...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月23日

    表題作の「五千回の生死」、何度読み返したことだろう。
    私の転機となる時期、また考え込んでしまう時期に、つい手にとって読んでしまう。「ふつふつ」と「生命力」のようなものが湧いてくる気がするのだ・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月26日

    あかん、死にとおなってきたああ!!

    僕たちは今までもこれからも生死を繰り返す
    そして少しずつ少しずつ死んでゆくのだと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月15日

    「トマトの話」「眉墨」「力」「五千回の生死」「アルコール兄弟」「復讐」「バケツの底」「紫頭巾」「昆明・円通寺街」

    短篇のお手本。どこか切ない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年01月12日

    昭和50年代末から60年代前半ごろの短編集。
    工事現場の警備員のバイト中に、病に伏せる作業員から手渡された手紙を無くしてしまう、「トマトの話」。繁華街の小学校に一人で通学する息子を見守る母のハラハラドキドキの「力」。など、9編どれも魅力にあふれた短編小説集。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年12月01日

    短編集。
    表題作「五千回の生死」は1日に五千回生きたくなったり死にたくなったりする男が出てくるちょっと不思議で、かつ力強い作品。
    1作目の「トマトの話」という短編は、読後しばらく動けなくなりました。小説の力ってすごいと改めて思いました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「トマトの話」は、今まで読んだ中で最も心に残る短編になりました。これで一気に宮本輝作品のファンに。「五千回の生死」「力」も好みでした。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング