オレンジの壺(上)

オレンジの壺(上)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

佐和子、25歳――とりたてて不幸なことなど何もない、しかし決して幸福ではない。ある日、亡き祖父から残された日記帳を読んだ佐和子は、重大な秘密を知る。パリへ旅立ち、祖父の本当の姿を探し求める彼女は、いつしか大切な何かを追い求めている。平凡な自分に何ができるのか? 佐和子が見つける答えは――。女性のひたむきな成長を描く宮本文学の傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2016年08月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

オレンジの壺(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月21日

    自分の離婚をきっかけに、祖父との日記との距離を縮める。なぜ祖父が佐和子だけにしか自分の秘密をみられないようにしたのか。祖父が佐和子に知ってほしかった秘密とは。秘密と謎が佐和子を闇に引きずり込む。その闇に佐和子は夢中になっていく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月04日

    女性としての魅力、面白くない人間とまで言われてバツイチとなった女性。
    物語の最初の印象は悪く言えばお人形さんのようで、共感も感じず、つまらないの一言だったが、話が進むにつれて行動力と決断力を徐々に発揮しだします。そこからだんだん引き込まれてゆきました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    話が思いもよらない方向へ進んで行く。
    凄くワクワクする。続きを早く読みたい。そんな小説。
    このヒロイン、共感できる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月31日

    かなりワクワクした。宮本輝さんは、名前だけを知ってて、実は一冊も読んだことがないという作家さんだったのだけれど、ミステリー?というか、とっても先が気になって、面白い本だった。

    つまらない女性が主人公。
    悪いところはない。でもいいところも全然ない。女としての魅力も、人間としての味わいも全くないと見合...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「ドナウの旅人」のような旅情をかきたてられる
    ような本を読みたかったんだと思う。
    bookoffから来てbookoffへ帰って行きました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月08日

    本当に久しぶりの宮本輝です。一時は嵌まってたんですけどね。
    なんだか何も解決しないまま投げ出されたような読後感です。謎が謎を呼ぶミステリー仕掛けで話を引っ張って行くのですが、最期に何も謎が解決せぬまま「それで良いんだ」と終わってしまいます。
    一方メインテーマである主人公・佐和子の成長にしても、最...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月24日

    離婚したばかりの佐和子が亡き祖父から残された日記帳を読み、祖父の隠された過去の真実を求めてパリへ旅立つ。
    読みやすい文章で祖父の生きていた時代へと誘われる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    I read this novel from second one... so firstly, I couldn't understand the story, like "Who is him?", "Where is here?".

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    200602/装丁も素敵な本だ。女性が主人公の宮本作品が読みたくて購入。
    この人は男性なのに、なぜこんなに女性の気持ちが分かるのか不思議。横文字が多くて混乱する。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

     なんだか、宮本輝を好きになったようです。
     といっても、ドナウの旅人上巻と、オレンジの壷上下を読み終わったのみなのですが。
      
     どっちも再生がテーマ、といった感じな気がする。
     『オレンジの壷』はラストに少し物足りなさを感じつつ、解説を読むと、そのとおり、と思ってしまう。
     ナゾを全て解き明か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

オレンジの壺 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • オレンジの壺(上)
    550円(税込)
    佐和子、25歳――とりたてて不幸なことなど何もない、しかし決して幸福ではない。ある日、亡き祖父から残された日記帳を読んだ佐和子は、重大な秘密を知る。パリへ旅立ち、祖父の本当の姿を探し求める彼女は、いつしか大切な何かを追い求めている。平凡な自分に何ができるのか? 佐和子が見つける答えは――。女性のひたむきな成長を描く宮本文学の傑作!
  • オレンジの壺(下)
    550円(税込)
    パリからアスワンへ。謎を追う佐和子は、亡き祖父の日記帳に隠された真実を知る。大戦へ突き進む時代に生きた、祖父の思いは――。自分とはまったく無縁だった過去の戦争に佐和子は心を踏み入れていく。祖父とかかわった人々の軌跡を追う旅で、彼女は女性としての豊かさを身につけていくのだった。幸福と人生を問い、深い感動を呼び起こす宮本文学の傑作!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています