青が散る(上)

青が散る(上)

作者名 :
通常価格 600円 (546円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

燎平は、新設大学の一期生として、テニス部の創立に参加する。炎天下でのコートづくり、部員同士の友情と敵意、勝利への貪婪な欲望と「王道」、そして夏子との運命的な出会い──。青春の光あふれる鮮やかさ、荒々しいほどの野心、そして戸惑いと切なさを、白球を追う若者たちの群像に描いた宮本輝の代表作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
514ページ
電子版発売日
2013年04月19日
紙の本の発売
2007年05月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

青が散る(上) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2014年09月21日

    【本の内容】
    <上>
    燎平は、新設大学の一期生として、テニス部の創立に参加する。

    炎天下でのコートづくり、部員同士の友情と敵意、勝利への貪婪な欲望と「王道」、そして夏子との運命的な出会い―。

    青春の光あふれる鮮やかさ、荒々しいほどの野心、そして戸惑いと切なさを、白球を追う若者たちの群像に描いた宮...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月07日

    再読。若さとはこういうこと?この年になって改めて感じた。純粋でひたむきで、でもどこか冷めていて、でも未来があるんだな、これが。
    過去の自分の青春時代を懐かしむというより、また青春にあこがれてしまった。やはり宮本輝氏はよいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月17日

    中学時代に本小説のドラマをやっていた。主演は石黒賢(確か彼のデビュー作)。そして佐藤浩市、二谷友里恵、川上麻衣子らが出ていた。松田聖子の「青いフォトグラフ」が主題歌で毎週楽しみにしていた。
    いつか原作を読んでみたいと思い、6年ほど前にようやく読みました。
    ドラマは関東が舞台だったけど、原作は関西なん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年04月09日

    大学生に「おすすめの本は」と聞かれたら私は迷わずこれを勧める。 20代、それより若いうちに必ず読んで欲しい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月23日

     読んだのは、二十数年前になります。
     知人が廃品回収に出そうとしていた書物がもったいなく思い、それらを譲り受けた中にこの本がありました。
     私が読んだ本は上下巻に分かれてなく一冊の文庫本で、分厚く字も小さくて「読めるかな」と読み始めましたが、時代背景や大学の雰囲気そして登場人物などが私が在学してい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年10月06日

    青春。若いって素晴らしい。そして何かに熱くなれるってカッコイイ。大人になって改めて読んでみても感動。でも若いうちに読んだ方がもっと良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年09月28日

    随分前に高校生の時に読んだ本。当時は大学生のテニス・恋愛を中心とした甘酸っぱい青春小説の印象を受けたが、大人になって読み返してもやっぱり面白いです。
    若さ・明るさというポジティブな青春というよりも、寂しさ・せつなさ・甘さみたいなのがちりばめられて胸が少し締め付けられるような感覚です。
    大学生くらいで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月02日

    青春文学の金字塔。

    ちょっと昔の大学生のお話でいわゆるバンカラな人たちや喫茶店もでてきたり。

    大好きな作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月04日

    宮本輝の錦繍を読んで、文章が好きだったことと、
    主人公が大学生だった大学生のうちに読んでおこうと思い、手に取った。

    登場人物一人一人が個性があって、人間らしい面を持ち合わせているので共感できて面白かった。
    大学4年間なにに使うのか、このままでいいのか、恋愛も含めて焦りの気持ちとかも今の自分に通じる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年10月11日

    テニスに明け暮れるというイメージで読み始めた所、主人公が父親の仕事の経営から大学への入学をどうするべきだろうと悩み立ちすくんでいた。似たように赤いレインコートを着た一輪の花の様に立っている女性と出会い、話は始まる。

    登場する人物は誰も印象的でムダが無く、そして離れ別れる者もいれば、嫌いだと思ってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

青が散る のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 青が散る(上)
    600円(税込)
    燎平は、新設大学の一期生として、テニス部の創立に参加する。炎天下でのコートづくり、部員同士の友情と敵意、勝利への貪婪な欲望と「王道」、そして夏子との運命的な出会い──。青春の光あふれる鮮やかさ、荒々しいほどの野心、そして戸惑いと切なさを、白球を追う若者たちの群像に描いた宮本輝の代表作。
  • 青が散る(下)
    600円(税込)
    退部を賭けたポンクと燎平の試合は、3時間40分の死闘となった。勝ち進む者の誇りと孤独、コートから去って行く者の悲しみ。若さゆえのひたむきで無謀な賭けに運命を翻弄されながらも、自らの道を懸命に切り開いていこうとする男女たち。「青春」という一度だけの時間の崇高さと残酷さを描き切った永遠の名作。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています