【感想・ネタバレ】青が散る(上)のレビュー

ユーザーレビュー

ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年09月06日

メモ。
青くて幼くて脆くて必死に生きてた。
大人になって世間に擦れて沈んでしまう、若さに裏打ちされた感情を思い起こさせる作品だった。
誰もが椎名燎平であり安斎克己であり氏家陽介でありむしろ誰でもない。
この世は怖い。人生は大きい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年06月22日

予想以上に面白くて驚いている。
登場人物それぞれに対して、”なんだかわかる気がする”部分が自分にもあって、静かに余韻に浸ってしまう。まだ上巻なのに…。

特に燎平。
厚かましくも今だからこそ、自分の恋愛のなかにも、この時期の燎平みたいな男の子がいたのかもしれないという気持ちになる。一見控えめなんだけ...続きを読むど、心の中では勢い良く溢れそうになっている不安定な感じ。大学生の時に読んでいればまた何か違ったのだろうか。いかにも無知で無経験で小生意気な若さゆえに相手を傷つけてしまうことも少しは減らせたのだろうか。

男は女の感覚がわからないし、女は男の気持ちがわからない。
人は他人のすべてを理解することはできない。
まして20歳前後の大学生なら。

燎平のこの気持ちが今後どういう風に変化していくのか知りたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月21日

【本の内容】
<上>
燎平は、新設大学の一期生として、テニス部の創立に参加する。

炎天下でのコートづくり、部員同士の友情と敵意、勝利への貪婪な欲望と「王道」、そして夏子との運命的な出会い―。

青春の光あふれる鮮やかさ、荒々しいほどの野心、そして戸惑いと切なさを、白球を追う若者たちの群像に描いた宮...続きを読む本輝の代表作。

<下>
退部を賭けたポンクと燎平の試合は、三時間四十分の死闘となった。

勝ち進む者の誇りと孤独、コートから去って行く者の悲しみ。

若さゆえのひたむきで無謀な賭けに運命を翻弄されながらも、自らの道を懸命に切り開いていこうとする男女たち。

「青春」という一度だけの時間の崇高さと残酷さを描き切った永遠の名作。

[ 目次 ]
<上>


<下>


[ POP ]
題名にひかれ、七つ上の姉の本棚からこっそり拝借したのはいつだったか。

大学生が織りなす恋とテニスの物語に夢中になった。

成り行きで新設大学を受験した燎平は、殺風景なキャンパスで夏子と出会う。

真っ赤なエナメルのレインコート、鮮やかな口紅。

その瞬間、青春が音を立てて回り出す。

本書には、やはり大学時代、創設されたばかりの追手門学院大学(大阪府茨木市)でテニスに打ち込んだ著者の、若き頃への思いが投影されているという。

若者たちの日々は輝かしいばかりではない。

ある者は忍び寄る病の影におびえ、ある者は破滅的な恋に身を投じる。

女王然とした夏子も、つまらぬ男にひかれて周囲を混乱させ、自らも深く傷つく。

文庫新装版にあとがきを寄せた作家の森絵都さんは、「青春最大の特徴は、光よりもむしろその色濃い影にある」と書いている。

人気のないキャンパスで再び燎平と夏子が向き合うラストシーンは、多くの読者の胸をしめつけた。

恋を夢見た頃を何十年も過ぎて読み返しても、決して色あせない青春文学の名作。

[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年08月07日

再読。若さとはこういうこと?この年になって改めて感じた。純粋でひたむきで、でもどこか冷めていて、でも未来があるんだな、これが。
過去の自分の青春時代を懐かしむというより、また青春にあこがれてしまった。やはり宮本輝氏はよいな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月17日

中学時代に本小説のドラマをやっていた。主演は石黒賢(確か彼のデビュー作)。そして佐藤浩市、二谷友里恵、川上麻衣子らが出ていた。松田聖子の「青いフォトグラフ」が主題歌で毎週楽しみにしていた。
いつか原作を読んでみたいと思い、6年ほど前にようやく読みました。
ドラマは関東が舞台だったけど、原作は関西なん...続きを読むですね。ドラマも良かったけど、原作もとても良かった。
椎名燎平が大学の4年間、テニスを通して成長していく姿が描かれている。夏子への片思い。良いです。最後はとてもせつない。でもでも何度でも読み返したくなります。読み終えて本を閉じると「青いフォトグラフ」が聞えてきます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月09日

大学生に「おすすめの本は」と聞かれたら私は迷わずこれを勧める。 20代、それより若いうちに必ず読んで欲しい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年01月23日

 読んだのは、二十数年前になります。
 知人が廃品回収に出そうとしていた書物がもったいなく思い、それらを譲り受けた中にこの本がありました。
 私が読んだ本は上下巻に分かれてなく一冊の文庫本で、分厚く字も小さくて「読めるかな」と読み始めましたが、時代背景や大学の雰囲気そして登場人物などが私が在学してい...続きを読むた頃にそっくりなのと、学生当時思い焦がれていた女性や友人に対する主人公の考え方が私とほぼ合致していたので、どんどん引き込まれていきあっという間に読んでしまいました。

 それまで読書が苦手だった私を、読書好きにさせてくれた作品です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年10月06日

青春。若いって素晴らしい。そして何かに熱くなれるってカッコイイ。大人になって改めて読んでみても感動。でも若いうちに読んだ方がもっと良い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年09月28日

随分前に高校生の時に読んだ本。当時は大学生のテニス・恋愛を中心とした甘酸っぱい青春小説の印象を受けたが、大人になって読み返してもやっぱり面白いです。
若さ・明るさというポジティブな青春というよりも、寂しさ・せつなさ・甘さみたいなのがちりばめられて胸が少し締め付けられるような感覚です。
大学生くらいで...続きを読む読むと一番面白いかも。青春小説の金字塔です。この時の宮本輝は素晴らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年07月02日

青春文学の金字塔。

ちょっと昔の大学生のお話でいわゆるバンカラな人たちや喫茶店もでてきたり。

大好きな作品。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月04日

宮本輝の錦繍を読んで、文章が好きだったことと、
主人公が大学生だった大学生のうちに読んでおこうと思い、手に取った。

登場人物一人一人が個性があって、人間らしい面を持ち合わせているので共感できて面白かった。
大学4年間なにに使うのか、このままでいいのか、恋愛も含めて焦りの気持ちとかも今の自分に通じる...続きを読むものがある。
話の方向がどうなるのかまだわからないけれど、下巻も楽しみに読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月11日

テニスに明け暮れるというイメージで読み始めた所、主人公が父親の仕事の経営から大学への入学をどうするべきだろうと悩み立ちすくんでいた。似たように赤いレインコートを着た一輪の花の様に立っている女性と出会い、話は始まる。

登場する人物は誰も印象的でムダが無く、そして離れ別れる者もいれば、嫌いだと思ってい...続きを読むても腐れ縁の様に付き合う者もいる。濃厚な学生の青春と呼べる物語だと思った。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2017年02月19日

「一流になるには、変則的なテニスでは限界があるけど、オーソドックスな素直なテニスでは逆に三流の壁がなかなか越えられへん。見てくれはええけど、そんなテニスは怖いことも何ともない。筋金の入った、年季の入ったテニスにかかったら、勝負になれへんのや」

「俺は、実に真剣に、祐子に惚れとったな」
 顔が赤かっ...続きを読むた。ビールのせいだけではなさそうな目元の紅潮だった。
「こないだ、学生食堂の窓から何気なく坂道を見ていたら、祐子がおんなじクラスの女の子四、五人とのぼって来た。なかなか美人揃いの一団で、他の連中と比べると、祐子が一番と目立てへんかった。祐子よりも美人で華やかな女の子に挟まれてたんや。祐子は、そやけどやっぱり際立ってたよ。祐子は華やかでなかったけど、よく見ると一番華やかやった。ああ、祐子て、やっぱりええなァと、俺は思ったんや」

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年02月08日

卒業?記念に下巻と一緒にプレゼントとしていただきました。
学生時代に急激に戻された不思議な読後感。
あの頃の感性と今の受け止め方の差は、表現は違えど森絵都さんの解説にかぶりました。
絶対に忘れない作品(= ̄ ρ ̄=) ..

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月16日

再読。手持ちの本は昔の装丁で上下巻に分れていないのですが、そちらのバージョンだと画像がなくて寂しいので、こちらを登録。
何年かぶりに読みましたが、30年も前に書かれた本なのに、現在にも通じるものがあり、若さゆえの痛さとか、迷いとか、昔も今もあまり変わらないんだなと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月01日

知人に勧められて読んだ本、
『青が散る(上)』、
おもしろいです。

宮本輝らしい世界が表現されているように思います。
生きるって何なのか、自分の命って何なのか。

新設大学の一期生の燎平。
そこで知り合った学生の夏子とつきあいたいからテニスを始めて、
テニス中心の生活へ。

高校まで全国大会などで...続きを読む活躍していたが病を理由にテニスを離れていた安斎とであったり、
お手本からはほど遠いようなテニスをするけれども妙な強さがある貝谷とであったり。

勝利への貪欲さへの、「王道」と「覇道」と。

人間くさく、変わった奴らの、はいつくばるような生き様。

爽やかなスポーツとしてのテニスではなく、
どろどろとした人間くささを含んで描かれているのが、なんだかよい。

“王道とは何であろうかと燎平は考えた。そして、貝谷の言う覇道とは何であろうか。すると燎平の心に、社会の中で、あるいは力弱く悄然と生きているかも知れない数年後、数十年後の自分の姿がふいに浮かんできた。”

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月22日

「青春をテーマにした」と言ってしまうとかなり薄っぺらい感じがするが、こうとしか言いようがないだろう。大学時代を懐かしく思わせる、非常に良い小説だった。

振り返ると大学には自分とは違う、色々な人たちがいた。全てを部活に捧げる人、見ててイライラするくらいちゃらんぽらんな奴、将来に向けて資格試験に取り組...続きを読むむ人、大学には全く来ず気付いたら会社を興していた社長…

自分は18歳から22歳の間、何をして今に至っただろうか。違う大学に行っていたら、違う言語を勉強していたら、何か熱中するものがあったら、今はどういう人間になっていただろうか。
はっきりした考えは無いが、何かすべきことをしてこなかったような感覚に包まれている。それが何か分からないから、しなかったのだろうけど。

ただ誰もがこういう心のモヤモヤを抱えていると思うと気が楽になるし、何より寝たら忘れているイージーな自分には考えること自体、無意味かもしれない。12時過ぎたしもう寝よう、明日も仕事だ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月26日

青春小説の最高傑作と称される本作。

作中で、ある人物が「自由と潔癖こそが青春の特権である」と言う言葉を主人公に授ける。彼の青春は、その言葉にいかにも忠実な、懸命で誠実なものだった。自分はそんな風にはできなかったから、先の言葉は心に痛く、主人公に激しく嫉妬した。

主人公がこれから歩むのも人生の王道...続きを読むなのだろう。その道を歩める強さが恨めしくすら感じた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月21日

大阪の大学が舞台なので親近感を持って読める。
今の大学生とは異なる点もあるが、非常に読みやすくスラスラ読める。
下巻も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月07日

大学生活の只中にいる自分が読むと、胸に迫るものがある。テニスというスポーツ自体をやっている身からしても、テニスの描写は面白い。上手いのと強いのは違うんだよね、うん。

このレビューは参考になりましたか?