優駿(上)

優駿(上)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
紙の本 [参考] 737円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

生れる仔馬が牡馬でありますように。風の申し子のように速く、嵐みたいに烈しく、名馬の天命をたずさえて生れますように……。若者の祈りに応(こた)えて、北海道の小さな牧場に、一頭のサラブレッドが誕生した。オラシオン(祈り)と名づけられた仔馬は、緑と光の原野のなかで育ち、順調に競走馬への道を歩みはじめるが、それと共に、登場人物ひとりひとりの宿命的な劇(ドラマ)が、幕を開けた――。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年10月04日
紙の本の発売
1989年11月
サイズ(目安)
1MB

優駿(上) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月04日

    友人の薦め。ミラクルバード第3戦の描写は圧巻。北海道の牧場や競馬場の情景が目の前に出てくるようで面白く読めた。「ウマ娘。」で競馬を知った人にも読んで欲しいな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月19日

    馬券という紙切れ一枚に詰まった人間模様。
    泥臭い中にも、馬ゆえの神秘的な雰囲気も醸し出す名作。続きが気になります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月09日


    1987年吉川英治文学賞受賞

    個人的宮本作品金字塔。
    主要人物一人一人の生のひたむきさに没入した。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月09日

    面白くどんどん読めた。久々の宮本輝、やっぱりいい。騎手も大変な稼業だな。引き込まれて読んだ。勝ち負けの世界に身を置くのは厳しい。強くないと生きていけない。人間のイヤなところ、汚いところ、あぶり出されています。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年02月15日

    全五章からなるが、各章で1冊の本ができそうなぐらい、エピソードが詰め込まれている。個人的には第5章、奈良騎手のエピソードが一番好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月09日

    言わずと知れたヒット映画「優駿」の原作を、約四半世紀過ぎてから読んでみた。名馬オラシオン(上巻ではまだ仔馬だが)を巡り、様々な人間関係が複雑に絡み合う。宮本輝さんが競馬を愛しているということがとても良くわかる。現在の馬主界とのギャップ(馬の価格など)もヒシヒシと感じる一冊だった。下巻も楽しみ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年12月16日

    映像化もされている競馬ファンなら言わずとも知れた不朽の名作。と言いながら、学生時代は野球バカだった自分が、競馬が好きになって、小説が好きになって、競馬の小説ってどんなのがあるんだろう、とようやくたどり着いた作品。

    内容は競馬ファンじゃなくても受け入れられていることからも分かるように、競馬が織りなす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月20日

    競走馬を絡めたストーリーが面白いということもさることながら、
    流暢な文章で描かれた登場人物がとにかく魅力的だった。

    登場人物が「生きてる」という印象を強く感じた。
    生き生きとしているというよりは、
    生々しいという言葉の方がしっくりくる。

    一人一人の生に粘度を感じた。

    弱さ・欲・汚さ・狡猾さ・滑...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月05日

    "恋愛"をテーマとした読書会に持って行こうかと、久々に再読。
    軽い復習のつもりだったのですが、ついつい読み込んでしまいました、秋は危険です。

    結構忘れているもので、改めて読むと家族愛の要素の方が強いようにも感じました。
    ん、一番愛情が向けられていたのは、"サラブレッド...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年10月01日

    競走馬に関わる人々を描いた群像劇です。
    映画にもなりましたが、映画は現実の競馬の映像を使う関係で物語が変わっているのが少々面白かったですね(オラシオン役はメリーナイスでしたので・・・)。

    このレビューは参考になりましたか?

優駿 のシリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 優駿(上)
    693円(税込)
    生れる仔馬が牡馬でありますように。風の申し子のように速く、嵐みたいに烈しく、名馬の天命をたずさえて生れますように……。若者の祈りに応(こた)えて、北海道の小さな牧場に、一頭のサラブレッドが誕生した。オラシオン(祈り)と名づけられた仔馬は、緑と光の原野のなかで育ち、順調に競走馬への道を歩みはじめるが、それと共に、登場人物ひとりひとりの宿命的な劇(ドラマ)が、幕を開けた――。
  • 優駿(下)
    737円(税込)
    母の肉は子の肉、子の骨は母の骨なり……。いのちの哀しさ尊さに突き当りながらも、虚無と喧噪のなかで人間の業(ごう)から逃(のが)れられない男たち、女たち。だが、そういう彼らも、いつしかオラシオンの美しさ危うさに魅せられて一体化し、自らの愛と祈り、ついには運命そのものを賭けていった。やがて迎えるダービー決戦――。圧倒的な感動を呼ぶサラブレッド・ロマン。吉川英治文学賞受賞。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング