田園発 港行き自転車 上

田園発 港行き自転車 上

作者名 :
通常価格 745円 (税込)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

滑川駅で父が突然亡くなった。駅前には一台の自転車が取り残されていた。父は、宮崎へ出張に行ったはずなのに、なぜ――。十五年後、絵本作家になった娘・真帆は父の足跡を辿り富山へと向かった。一方、東京で働いていた千春は、都会での生活に疲れ故郷へと戻る。そこで年下の従弟・佑樹と入善の町に広がる田園風景に癒されていく。富山・京都・東京、三都市の家族の運命が静かに交差する物語。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
440ページ
電子版発売日
2018年03月02日
紙の本の発売
2018年01月
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年05月06日

宮本輝の長編小説は、やはりいい‼️

人間の性(サガ)とそれによるやるせない展開がありつつも、人の深いところでの良心を信じる人々の思いが詰まったストーリー。

下巻を早く読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月24日

人の結びつきの不思議さが淡々と描かれている感じ。まだまだ明かされていない関係性が隠されていそう。出てくる人はみんな前向きで、前に踏み出す勇気をくれる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年12月22日

えらくゆっくりと進む物語なので最初はどうかと思いましたが、物語の関連性が見え隠れするうちにいつのまにかはまってきました。

人の人生、原因と結果の連続です。
その、原因と結果を作っているのは、
タイミングや偶然であって、
それを積み重ねると何かしらの物語に
なるのはとても素敵なことだと思います。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月29日

富山に、必ず行こうと思いました。
情景の美しさ、人との出会いの不思議や、人生への愛情を感じて、こころが打たれます。
とにかく、自転車に乗って走りたい気分です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月12日

いつもの宮本輝らしく、些細な場面から始まり、ゆるくて、でも読みたくなる本だった。
友人が住んでいる富山が舞台で、目に浮かぶ景色がとてもよかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています