焚火の終わり 上

焚火の終わり 上

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

島根県の岬の町に住む美花は、茂樹の異母妹である。幼い頃、岬の家に行くのが茂樹は好きだった。いつも二人は焚火を楽しんだ。父が死に、母も他界した後、茂樹は母のノートから〈許すという刑罰〉との謎のメモを発見する。一方、美花の家には異様な写真が一枚残されていた。「美花は本当に自分の妹だろうか」出生の秘密を探るうち、さらに強まる二人の絆。それは恐ろしいほどの疼きとなった。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
312ページ
電子版発売日
2015年03月13日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2011年10月31日

離れてそだった
兄と妹の恋愛ということで
敬遠してたけど
二人が爽やかで
文章も淡々としていて
ある意味勇気をもらった。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2009年03月24日

異母兄妹の2人が、兄が見つけた母の謎のメモや、妹の家から異様な写真を発見したことをきっかけに浮かんだ疑問。

「二人は本当に兄妹なのか?」

続きが気になる・・・・。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年02月05日

2007/02/05 Mon
知人から貸された本w
宮本輝は初めての挑戦です。
茂樹と美花の異母兄弟?が、その真相を追い求めていく。
どうなの??どうなるの??と思いながら読んでたら、あっという間に上巻を読み終えてしまいました。
最初から「やばいなぁ」とは思っていたけど、やっぱりって感じ。
1つ気に...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月13日

甘く切なく、愛おしい誰かを欲しくなる物語だ。

そして兄と妹の物語というのは、男兄弟で育った私には憧れのようなものだ。こんな題材を宮本輝が描くとなれば、私的に盛り上がらないはずがなかった。

中高生の頃、宮本輝ばかり読んでいた。汗のきらめきが眩しい青春小説もあれば、大人の甘く苦い恋愛小説もあった。ど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年01月07日

こら面白いってわけじゃないが、読んでいくにつれ
次が気になって、ズルズルと読んでしまった。
両親が誰なのか気になるじゃねーか。

人物描写が巧いよな~。
下巻が楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています