「重松清」おすすめ作品一覧

「重松清」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:重松清(シゲマツキヨシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年03月06日
  • 出身地:日本 / 岡山県
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部卒。 1991年『ビフォア・ラン』でデビュー。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞を、『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で直木賞、また2010年には『十字架』で吉川英治文学賞を受賞する。テレビドラマ化した『とんび』、『あすなろ三三七拍子』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年2月号

作品一覧

2018/01/10更新

NEW
文藝春秋
  • ブラウザ試し読み

一人っ子同盟(新潮文庫)
  • ブラウザ試し読み

きみの友だち
  • ブラウザ試し読み

見張り塔から ずっと
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 送り火
    架空の私鉄沿線「富士見線」を囲んで展開される、ときどき怖くてときどき悲しく、そしてときどき温かい人生劇場が9本。ここには孤独なオジサンがいる、女性フリーライターがいる、子どもを亡くした夫婦がいる、神経をすり減らす主婦がいる、超能力を持つ駅員とイジメに悩む小学生がいる、パンク音楽にあこがれていた中年が...続きを読む
  • カシオペアの丘で(上)
    北海道で生まれ育った幼なじみのシュン、トシ、ユウちゃん、ミッチョ。4人は大人になり、それぞれの道を歩んでいたが、ある痛ましい殺人事件をきっかけに、再び故郷の地へと集まることになる……。出会いと別れ、生と死、許す者と許される者。いくつもの運命が交錯し、シゲマツ文学の真髄を味わわせる。テーマ・内容ともに...続きを読む
  • カシオペアの丘で(上)
    北海道で生まれ育った幼なじみのシュン、トシ、ユウちゃん、ミッチョ。4人は大人になり、それぞれの道を歩んでいたが、ある痛ましい殺人事件をきっかけに、再び故郷の地へと集まることになる……。出会いと別れ、生と死、許す者と許される者。いくつもの運命が交錯し、シゲマツ文学の真髄を味わわせる。テーマ・内容ともに...続きを読む
  • 卒業
    今まで続いていたなにかが終わり、新しいなにかが初まる。そんな境界??卒業を描いた、4つのエピソードが収められている。あとがきでも著者が明言しているが、ここに収録された物語「まゆみのマーチ」「あおげば尊し」「卒業」「追伸」は、すべて<終わり/初まり>と共に、<ゆるす/ゆるされる>の構図を持った物語でも...続きを読む
  • カシオペアの丘で(下)
    重松作品には、長編・短篇ともに「別れ」の情景を描いたものが多いが、そのほとんどは「遺される者」を主眼に据えたものだった。そんな中で本作は、「遺して逝く者」を主眼に据えている。死にゆく者が、人生の最後に何を果たし、何を残すのか。安易な奇跡やハンパな綺麗事でかたづけない、ただじっくりと真摯な目で人間の抱...続きを読む

特集