「重松清」おすすめ作品一覧

  • 作者名:重松清(シゲマツキヨシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年03月06日
  • 出身地:日本 / 岡山県
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部卒。 1991年『ビフォア・ラン』でデビュー。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞を、『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で直木賞、また2010年には『十字架』で吉川英治文学賞を受賞する。テレビドラマ化した『とんび』、『あすなろ三三七拍子』など数多くの作品を手がける。

作品一覧

2017/05/10更新

NEW
文藝春秋2017年6月号
青い鳥
756円(税込)
ビタミンF
658円(税込)
ブランケット・キャッツ

ユーザーレビュー

  • とんび

    何回も読んでる大好きな本。
    ヤスさんが最高です。
    また、海雲和尚の言葉が胸に残ります。
    子育てに悩んだりした時によく読み返したりします。
    私にとって1番の育児本です。

    Posted by ブクログ

  • 青春夜明け前

    「親友」という言葉が苦手です。親しい友だちから「私の親友」と言って紹介してもらうのはこのうえなく嬉しいことですが、私自身が誰かに友だちを紹介するときに「親友やねん」とは言えない。親友というものは、双方の気持ちがそのように一致している場合にのみ成り立つものだと思うから。だから、使っていい言葉なのかどう...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • とんび

    最愛の妻・美佐子を事故で亡くしたヤスさんと息子のアキラ。
    時には互いに傷付き、離れてはやがて戻って、そんな父と息子の絆を描いた作品です。
    ドラマもチラチラ見て、当時はあーいい話だなー位に感じていましたが、息子を持つ父親の立場になってみて、とたも感慨深く身に染みます。
    人生を80年とした時に、その中で...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集