「重松清」おすすめ作品一覧

「重松清」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:重松清(シゲマツキヨシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1963年03月06日
  • 出身地:日本 / 岡山県
  • 職業:作家

早稲田大学教育学部卒。 1991年『ビフォア・ラン』でデビュー。1999年『ナイフ』で坪田譲治文学賞を、『エイジ』で山本周五郎賞を受賞。2001年『ビタミンF』で直木賞、また2010年には『十字架』で吉川英治文学賞を受賞する。テレビドラマ化した『とんび』、『あすなろ三三七拍子』など数多くの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2019年2月号
NEW
たんぽぽ団地のひみつ(新潮文庫)

作品一覧

2019/01/10更新

ユーザーレビュー

  • カシオペアの丘で(下)
    人は死に直面した時、何を考え何を求め何を祈るのか。「憎しみ続けて生きるのは寂しい」「人は誰もが人を傷つけ、許されたいと願うもも」といった言葉が胸に突き刺さる。主人公やその祖父、家族、周りの幼馴染や知り合った人々にも、少しずつ変化が訪れる。それでも、遺された人たちは、日々の日常を生き続けなければならな...続きを読む
  • カシオペアの丘で(下)
    人は死に直面した時、何を考え何を求め何を祈るのか。「憎しみ続けて生きるのは寂しい」「人は誰もが人を傷つけ、許されたいと願うもも」といった言葉が胸に突き刺さる。主人公やその祖父、家族、周りの幼馴染や知り合った人々にも、少しずつ変化が訪れる。それでも、遺された人たちは、日々の日常を生き続けなければならな...続きを読む
  • カシオペアの丘で(上)
    北海道の炭鉱町で生まれ育った同級生の4人。その一人が、主人公。39歳で東京在住のサラリーマンで妻と小学4年生の息子あり。ある日、がん告知され余命数ヶ月。一方、北海道の炭鉱町で閉園間近の遊園地を旅行で訪れた親子の娘が、東京で殺害される。
  • カシオペアの丘で(上)
    北海道の炭鉱町で生まれ育った同級生の4人。その一人が、主人公。39歳で東京在住のサラリーマンで妻と小学4年生の息子あり。ある日、がん告知され余命数ヶ月。一方、北海道の炭鉱町で閉園間近の遊園地を旅行で訪れた親子の娘が、東京で殺害される。
  • ファミレス 下
    平成30年12月

    上に続き、下を読む。

    話の内容的には、おじさんたちのドタバタ劇で、まーまー面白いかな。さらーって読める。
    でも、その話の中にあるポイントがはまる。

    最高の一皿を考えさせられる。
    ただ美味しいだけじゃない。思い出も詰まった一皿。
    それが、一番おいしい。
    自分なら何かな~。
    お母...続きを読む

特集