くちぶえ番長

くちぶえ番長

作者名 :
通常価格 539円 (490円+税)
紙の本 [参考] 605円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコトがやってきた。転校早々「わたし、この学校の番長になる!」と宣言したマコトに、みんなはびっくり。でも、小さい頃にお父さんを亡くしたマコトは、誰よりも強く、優しく、友だち思いで、頼りになるやつだったんだ――。サイコーの相棒になったマコトとツヨシが駆けぬけた一年間の、決して忘れられない友情物語。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2015年10月02日
紙の本の発売
2007年06月
サイズ(目安)
3MB

くちぶえ番長 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月06日

    小学4年生の男の子「ツヨシ」と転校生の女の子「マコト」の1年間の物語
    小学4年生という下級生ではないけど、上級生でもない子ども達の心情が重松清さんによって表現されている。

    大人になると1年間はあっという間に過ぎていくが、小学生にとっての1年間はとてもかけがえのないものであることを感じられる。
    主人...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月01日

    小学4年生のツヨシの目線がリアル。

    大人から見たら3.4年生はギャングエイジ、分かりにくい年代だと言われるけど、当人たちはいい事にも悪い事にも一生懸命に遊んで楽しんで悩んで頑張って耐えて…いたんだな。とツヨシとマコト、ジャンボ、タッチ…みんなを見てると、私もそうだったな、と思い出す。

    4年生の時...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月12日

    通勤で読んでましたが、涙が出るため、家で泣きながらよみました。寂しいですが、今の世の中にはいない素敵な番長でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年06月20日

    なんやねんこのクソガキ
    と思ったが
    めちゃくちゃ面白い、愉快!
    児童向け雑誌に掲載されていたと知り、納得
    文字が大きすぎて挿絵もしょっちゅうで、コスパは良くないが、ちびまる子ちゃんやクレヨンしんちゃんが好きな人は、これも好きだと思う

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年08月12日

    姪のお気に入りの本だそう。
    しみじみと良い話だった。

    「小学四年生」の掲載作品だったというのも、なんだかしみじみとする。
    小学生の頃って、本当に一年の差が大きく感じて、上級生に立ち向かうのってすごく勇気がいることだし、マコトみたいな女の子がいたら、すっごく心強いよなぁって思う。憧れる。
    ツヨシが本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月18日

    マコトの人思いの強くて優しいところに本当に勇気づけられて、私も自分を貫いた人になりたいと思えた。。本当に感動する作品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月25日

    マコト、優しそう。僕もそういうともだち欲しいな。
    ヒロカズさんも優しかっただろうなあ。
    ぜひ読んでみてくださいね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    5年教科書掲載本。

    小学4年生のツヨシのクラスに転校してきた女の子マコト。
    転校時の自己紹介で「わたしの夢は、この学校の番長になることです」と言ったマコト。
    「弱い者いじめを見過ごして逃げるような子は、大っ嫌いです」

    1年後、また転校していなくなってしまうまでの1年間の話、スカッとします。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月05日

    小中学生にぜひ読んで欲しい1冊。
    よく行く本屋さんの『中学生はこれを読め!』のコーナーにあった。
    当時中1だった息子にも勧めたら大好評、それ以来私も息子も重松清作品のファンに!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月24日

    久しぶりに読み直しました。
    内容は殆ど覚えていなかったので新鮮な気持ちで読めました。
    小学生向けの本ですが、大人の私が読んでも、最近の自分の出来事を照らし合わせて心を動かされてしまう素敵な内容です。
    生きていくことに対する勇気を頂ける本ですね。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング