角田光代の一覧

「角田光代」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

ボクシング日和
NEW
594円(税込)
文藝春秋2022年9月号
NEW
1100円(税込)
菊葉荘の幽霊たち
550円(税込)

作品一覧

2022/08/15更新

ユーザーレビュー

  • 紙の月
    ホラー小説よりもうんとホラーだった。

    「不自由とかゆたかっていうのは、どうしたってお金でしかはかれないもんなのか。これがあるからこの子たちは幸せだって言えるものを、お金じゃなくて、品物じゃなくて、おれたちが与えることは無理なのか。」 p330
  • いつも旅のなか
    海外旅行の醍醐味が見事に書き上げられている。
    旅行に行った錯覚に陥る。
    またゆっくりした時間を過ごしたい時に読みたい。
  • 今日もごちそうさまでした
    様々な食材に対して角田さんの思い出や考えが
    書かれている本です。

    自分は好き嫌いなく食べ物を食べてきたのだが,
    好き嫌いが多かった角田さんがどのように
    好き嫌いをなくしていったのかが,
    読んでいてとても楽しかったです。

    旬の食材の食べ方を読んでいると,何だか今すぐにでも
    食べたい気持ちにさせられ...続きを読む
  • 対岸の彼女

    読んでよかった!

    30代女性のリアルな生活や人間関係が描かれている。私も同じ30代なので共感できる部分も多く読んでいて納得できる作品でした。自分の普段の生活の中にも重なる部分の多い印象に残る作品でした。
  • タラント
    「タラント」とは「使命」のこと。

    「使命」と聞くと特殊な力で、「すごいこと」だと思っている主人公みのりの「ふつう」さにはとても共感する。何か自分にも特別なことができるのではないか、立派なことをしているのではないか、でも自分のしてることなんてあの人に比べたら小さなこと…そんなことの積み重ねで人生が進...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!