「角田光代」おすすめ作品一覧

「角田光代」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年2月号

作品一覧

2018/01/10更新

ユーザーレビュー

  • ご本、出しときますね?
    オードリー若林さんと作家さんが本と生き方について話すトーク番組「ご本、出しときますね?」を書籍化したもの。

    朝井リョウ×西加奈子×若林正恭…というような鼎談スタイル。

    仲良しなのか、みんな自由なのか、読んでいて意見や言葉がそれぞれに個性があって、ゆったりしていて、軽快で、読んでいて楽しかった。
    ...続きを読む
  • ツリーハウス
    評価は5.

    内容(BOOKデーターベース)
    じいさんが死んだ夏のある日、孫の良嗣は、初めて家族のルーツに興味を持った。出入り自由の寄り合い所帯、親戚もいなければ、墓の在り処もわからない。一体うちってなんなんだ?この際、祖父母が出会ったという満州へ行ってみようか―。かくして、ばあさんとひきこもりの叔...続きを読む
  • 笹の舟で海をわたる
    疎開先が一緒だった佐織と風美子は、夫が兄弟の義姉妹。
    性格のまるで違う二人、戦後から現代へ、女の友情と家族の物語。

    疎開先での生活が根っこだと、風美子は言っていましたが、佐織にとっても同じだったのでしょう。
    風美子は、そこからの反骨精神で強くたくましく生き、佐織はその記憶に振り回され、不安を感じな...続きを読む
  • 今日もごちそうさまでした
    角田さんのエッセイは 前に何冊か読んで ちょっと苦手と思っていて もうこの人のエッセイは読まないと思って ずっと読んでなかったけど 食べ物エッセイなので ついつい買ってしまった。結果は アタリ。面白かった。
  • 私のなかの彼女
    久々に夢中で読んだ

    何だろうこの感覚は…

    和歌の感覚や感情にすごく入り込んでいくというか、
    心理描写がうまいのか、
    自分も和歌と同じ気持ちになって読み進めてしまう。

    仙太郎みたいなオトコって結構多いと思う。
    彼の場合はまだちゃんと成功や実績があったけども。

    角田光代はじめて読んだけどハマりそ...続きを読む

特集