おやすみ、こわい夢を見ないように(新潮文庫)

おやすみ、こわい夢を見ないように(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 572円 (520円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「あたしこれから殺人計画をたてる」。我慢をかさね、やっと受かった高校で待っていたのは、元カレ剛太の「抹殺」宣言と執拗な嫌がらせ。すべての友に去られた沙織は、不登校の弟をコーチに復讐の肉体改造を決意するが……。理不尽に壊された心のゆくえを鮮烈に描く表題作をはじめ、ひそかに芽ばえ、打ち消すほどに深く根を張る薄暗い感情のなかに、私たちの「いま」を刻む7つの風景。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2021年11月12日
紙の本の発売
2008年05月
サイズ(目安)
1MB

おやすみ、こわい夢を見ないように(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年01月22日

    またいた。私。といつもながら思う。
    今回は正体のしれない女を中心にそれにふりまわされる人々。
    心の闇はさらに深く感じた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年05月26日

    読後もすっきりせず、自分にも起こりうるような現実的でネガティブな話。現実的だからこそ内容に引き込まれて面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月31日

    すれ違う人、電車の向かい側の人
    この小説の中と似たような心境の人がいるのではないだろうか
    ありえない話ではない
    私も踏み込むかもしれないそういう世界を見せてくれているようで新鮮だった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年04月13日

    え、このあとどうなるの?って思うのもあった。短編集。家族の話がじーんと来たな。引きこもりの弟の話とか。
    昔自分をいじめた先生のくたびれた姿を見に行くと言う第一話…自分と重なった。あいつもうくたばってるだろうか、と思いながら生きてたら私も主人公のように恨み言をいいにいってやろうかとも思ったから。彼女に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月15日

    短編集。現代社会のマイノリティとして普段目につかない問題に焦点を当てた作品。救いのない結末が多いくハッピーエンドはないけれど、ちょっとした視点の転換が用意されていて不思議な読後感。鬱状態に読むのはオススメできないが、多様な社会問題を考えさせてくれた本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年02月24日

    ラロリー!
    ありそうでなさそうな、なさそうでありそうな、そんな現実と架空の世界のあいだを描く、角田さんワールドが冴えてます。
    復讐とは、得たのと同等のダメージを相手に負わせることなのか? 立ち止まらせてくれる物語。
    じゅくじゅくした傷を抱えているときに読む本。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月27日

    ちょっとゾクっ!とするような短編だったわ~。
    主人公はみんなちょっとグレーのような靄のかかった状態にいる感じの設定で、昔のこととか過去のこととかに固執し恨んだり苦しんだりしちゃう。で、その背後には常に謎の女がすーっと現れるわけ。
    ホラーやサスペンスではないんだけど、人間の深層心理に迫った話が7つ。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月27日

    日常の小さな殺意を題材にした7つの短編集。大きな事件は起きないけれど、自分の中にあるかもしれない小さな殺意を、ふと考えてしまう1冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年03月01日

    こうなるはずだったのに、こんなになっちゃった、どこでどう間違ったんだっけ、という話。
    大なり小なり、みんなふと思うことなんじゃないか、というところが角田光代らしい。
    いつもの感じ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月01日

    夢に出てきそうだけど、でも比較的現実的な夢のようなそんな内容のお話。
    しかしながら、そういう心境に陥ってしまう自分がいるかもしれないと、若干の冷や汗をかかせるような、そんなミステリアスな雰囲気も持ちつつ、しかし嫌らしい感じを持たせずに、やんわりと、あっさりと記されている。
    興味を持たせる作家さん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング