愛がなんだ

愛がなんだ

作者名 :
通常価格 506円 (460円+税)
紙の本 [参考] 572円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「私はただ、ずっと彼のそばにはりついていたいのだ」――OLのテルコはマモちゃんに出会って恋に落ちた。彼から電話があれば仕事中でも携帯で長話、食事に誘われればさっさと退社。すべてがマモちゃん最優先で、会社もクビになる寸前。だが、彼はテルコのことが好きじゃないのだ。テルコの片思いは更にエスカレートしていき……。直木賞作家が濃密な筆致で綴る、〈全力疾走〉片思い小説!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2012年08月03日
紙の本の発売
2006年02月
サイズ(目安)
1MB
  • 映画化

    「愛がなんだ」

    2019年4月19日公開
    出演:岸井ゆきの、成田凌、深川麻衣

関連タグ:

愛がなんだ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2022年07月13日

    ここまで人を全力で好きになれるテルちゃんにただただ感心した。
    マモ君のどこにそんな魅力があるのか全く分からなかったけど笑 片思いを経験した私にもテルちゃんの気持ちは分からなくもない。

    今度はテルちゃんを大切にしてくれる男性と出逢って素敵な恋をしてほしい〜!

    0

    Posted by ブクログ 2022年06月05日

    かなりよかった!!
    映画が先だったけど両方好きだった
    映画が本の再現度というか忠実度がかなり高かったということがわかって感動した

    まもちゃんの見た目とか性格とかじゃなくマイナスな部分も好きでどんだけ都合よく扱われてもひたすらにただ好きっていうテルコが理解不能

    男をつかいっぱにしたりアッシーにした...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年05月24日

    全力疾走片思い小説!
    テルちゃんは身近にいたら本当に迷惑だし、きっと親しい友だちにはなれない
    けどこの本の中のテルちゃんは好きな人にこれでもかというくらいひたむきだし愛しか感じないし、行動は危なっかしくてストーカー的、でも何だか憎めずむしろ応援してしまった
    全てをかなぐり捨てて好きな人のもとに走って...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年12月17日

    自分は恋愛にのめり込むことができないタイプなので、今まで、恋愛にのめり込みすぎてまわりをないがしろにする女性のことを少しも理解できませんでした。むしろ、かわいそうだなんて思っていました。しかし、この作品の中ではそういった恋愛体質な女性が主人公となって様々な心情が書き綴られています。これを読んだ時に、...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年12月11日

    結局は何も進展していないのに、スピード感があって個人的には読み応えがあった。
    確かにテルコもマモちゃんも周りにいればイライラさせられるだろうけど、1度でも不毛な片思いを経験したことがある人にはテルコの言動や思考には共感できるところがあるのかなと思った。

    0

    Posted by ブクログ 2022年12月05日

    自分には映画のようなスピード感あるほうが好きな作品だなと思った。テルちゃんの恋心、マモちゃんの振る舞いなど、ムカつくことは多いけど、結局好きって理由だけで他に理屈はいらないってのが、痛いほど伝わってきてすごくよかった。

    0

    Posted by ブクログ 2022年11月27日

    不毛な片想いで、ひたすら尽くしているOLのお話

    山田テルコはマモちゃんに尽くしている
    仕事や人間関係や他の全てを好きとそうでないものに分けると、優先順位は低い
    しかし、マモちゃんはそんなテルコを都合のいいように使うだけ
    そもそも、マモちゃんはそんなにいい男ではない

    主な登場人物
    山田テルコ
    田中...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年11月01日

    ずっと、昔片想いしていた人の顔を思い出しながら読んでいた。
    恋でも愛でもない執着を私はその人にぶつけることは出来なかったけど、テルちゃんはその執着をどんな形でも手放さないことを選んだんだな。
    きっと辛いし苦しいけど、どこか羨ましい。

    0

    Posted by ブクログ 2022年10月20日

    再読。
    何年か前に映画を見て、雰囲気が好きで本も読んだ。
    久しぶりになんとなく読みたくなって読んだ。

    作品がすごく好きなんだけど、島本理生さんの解説も好き。
    かっこわるい姿は、時として、すごくわずらわしくもあるけど、それと同時にどこか愛しくもあったりする。なぜならそんなふうにかっこわるい姿こそ、生...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2022年10月16日

    映画を見る前にと思って読みました
    映像作品の前に本を読んで
    どんな人なのか想像するのが好きなので
    頭の中を成田凌くんやらゆきのちゃんやらがちらついて
    ちょっと残念だったけど

    絶賛片思いのわたしには
    思わず理解出来てしまうような
    気がしました

    0

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング