笠井潔の一覧

「笠井潔」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2022/02/15更新

ユーザーレビュー

  • バイバイ、エンジェル
    思った程難しくなかったよ。
    作者がワザと難しい言い回しをしている所はあったけど、直後に説明してるし。
    哲学を学んでからミステリーを読む人はいない。けど哲学を学んでいたらより深くこの作品を楽しめる事は確かだと思う。

    あと、久しぶりに事件を解決する気の無い探偵役の作品を読みました。
  • バイバイ、エンジェル
    舞台はパリのヴィクトル・ユゴー街。発生した連続殺人事件の謎を、現象学を駆使する日本人探偵・矢吹駆(以下カケル)が解き明かすというもの。この探偵、他の推理小説に登場する名探偵たちとはその推理手法が大きく異なっている。
    カケルは「観察と推論と実験」を通じて真実へたどりつくという、一般的に用いられる推理手...続きを読む
  • 薔薇の女
    火曜日の深夜に、一人暮らしの娘を襲う連続殺人犯。
    被害者の娘は、いずれも絹紐で絞殺され、死体の一部を持ち去られていた。現場には、赤い薔薇が撒かれ、「アンドロギュヌス」という血の署名が残されていた。連続殺人事件を繋ぐ細い糸とは何か。矢吹駆シリーズ第3作。

    面白かった!
    楽しむよりも理解する事に必死に...続きを読む
  • サマー・アポカリプス
    矢吹駆シリーズ、2作目。

    カタリ派の秘宝云々の辺りは二階堂黎人のようなケレン味オカルト話かと思わせられたが、それらはもっと壮大なスケールの哲学論争に包絡される。
    トリックの必然性、重厚な謎解き、それらもまた大流の一要素に過ぎない。

    (未発表作も含め)あと8作もこのシリーズの作品が残されてるなんて...続きを読む
  • バイバイ、エンジェル
    憂鬱なパリの冬空の下に流される緋い鮮血。
    本格ミステリの様式を以って幕を開け、全ての現象はある人物の極めて悪魔的な企みに美しく帰結する。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!