「島崎藤村」おすすめ作品一覧

【島崎藤村】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
藤村詩抄 島崎藤村自選
無料
夜明け前 第二部下
無料
夜明け前 第二部上
無料
夜明け前 第一部下
無料
嵐
0円(税込)

作品一覧

2016/12/23更新

無料あり
夜明け前
  • ブラウザ試し読み

無料あり
破戒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
秋草
  • ブラウザ試し読み

無料あり
朝飯
  • ブラウザ試し読み

無料あり
嵐
  • ブラウザ試し読み

無料あり
伊香保土産
  • ブラウザ試し読み

無料あり
伊豆の旅
  • ブラウザ試し読み

無料あり
烏帽子山麓の牧場
  • ブラウザ試し読み

無料あり
幼き日
  • ブラウザ試し読み

無料あり
北村透谷の短き一生
  • ブラウザ試し読み

無料あり
再婚について
  • ブラウザ試し読み

無料あり
山陰土産
  • ブラウザ試し読み

無料あり
三人の訪問者
  • ブラウザ試し読み

無料あり
装釘に就て
  • ブラウザ試し読み

無料あり
短夜の頃
  • ブラウザ試し読み

千曲川のスケッチ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
藤村詩抄 島崎藤村自選
  • ブラウザ試し読み

無料あり
伸び支度
  • ブラウザ試し読み

破戒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
芭蕉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
婦人の笑顔
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ふるさと
  • ブラウザ試し読み

無料あり
分配
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桃の雫
  • ブラウザ試し読み

夜明け前
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 破戒
    穢多非人に対する日本内での人種差別の物語。日本には人種差別はもはや存在しないと考えたが、滅相もない。空気読むなど、周りの反応に合わせる日本人は実際見た目、内面が異なる人間を精神的に迫害することが今でも行われてるじゃないか!とハッと気付かされた。
  • 破戒
    島崎藤村の『破戒』は明治39年(1906)刊行。

    士農工商の封建社会の身分制度が、「解放令」(1871)によって崩壊するかに見えた時代に書かれた作品で、自然主義文学の先駆と呼ばれる。しかし、この法令によってそれまでの身分社会が急速に変わることはなく、主人公の丑松をはじめとした苦しむ人々が登場する。...続きを読む
  • 破戒
    士農工商穢多非人.
    明治以降に定められた身分制度に焦点を当てた,
    文学界ではあまり類を見ない作品.

    初めに感じたのが,文章の平易さと読みやすさである.改訂版で
    あるから,多くの歴史的仮名づかいが現代仮名づかいへと変更
    されていることは容易に想像できる.それが原因かは定かではないが,
    同時期に発表さ...続きを読む
  • 破戒
    何度読んでも良い!といってもまだ3度目程度だが…。
    現代とは比較にならないくらい根強い差別の中で出生を隠して暮らしてきた丑松。その苦悩と彼の誠実さにどんどん惹き込こまれていく。こんなにも理不尽な世の中で、銀之助や志保、そして生徒の小さな救いに思わず涙が出てくる。
    とても素晴らしい作品です。
  • 破戒 ─まんがで読破─
    土族とか華族とか平民とか、私の知ったことじゃないですよ。
    人々の心情がうまく表現され、とても熱くなった、身分を隠し生きてきた丑松、息子の事を思いひっそりと暮らし死んでいった父、自分でみせていたであろう父の幻覚を消し去り、床に手をつき告白する場面など息をのんだ。

    ラストは身分差別など関係なくその人自...続きを読む