「島崎藤村」おすすめ作品一覧

「島崎藤村」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

無料
藤村詩抄 島崎藤村自選
無料
夜明け前 第二部下
無料
夜明け前 第二部上
無料
夜明け前 第一部下
無料
嵐
0円(税込)

作品一覧

2018/09/21更新

夜明け前
  • ブラウザ試し読み

無料あり
夜明け前
  • ブラウザ試し読み

無料あり
秋草
  • ブラウザ試し読み

無料あり
藤村詩抄 島崎藤村自選
  • ブラウザ試し読み

無料あり
破戒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
ふるさと
  • ブラウザ試し読み

無料あり
朝飯
  • ブラウザ試し読み

無料あり
嵐
  • ブラウザ試し読み

無料あり
伊香保土産
  • ブラウザ試し読み

無料あり
伊豆の旅
  • ブラウザ試し読み

無料あり
烏帽子山麓の牧場
  • ブラウザ試し読み

無料あり
幼き日
  • ブラウザ試し読み

無料あり
北村透谷の短き一生
  • ブラウザ試し読み

無料あり
再婚について
  • ブラウザ試し読み

無料あり
山陰土産
  • ブラウザ試し読み

無料あり
三人の訪問者
  • ブラウザ試し読み

無料あり
装釘に就て
  • ブラウザ試し読み

無料あり
短夜の頃
  • ブラウザ試し読み

千曲川のスケッチ
  • ブラウザ試し読み

無料あり
伸び支度
  • ブラウザ試し読み

破戒
  • ブラウザ試し読み

無料あり
芭蕉
  • ブラウザ試し読み

無料あり
婦人の笑顔
  • ブラウザ試し読み

無料あり
分配
  • ブラウザ試し読み

無料あり
桃の雫
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 破戒 ─まんがで読破─
    実は初めて読む。部落差別のお話。Wikpediaの穢多の項によると、江戸時代は職業が保護されていたが、明治時代になると開放令で名目上平等になったが、自由化によって職業の独占を失ったため、返って困窮したとのこと。

    部落差別問題は自分の周りには存在しなかった(と思っている)ので、知ってはいたが、問題意...続きを読む
  • 破戒
    "部落差別について、その不条理、心情、世間の風、などを知ることのできる小説。文学。
    生まれた場所で、村で差別をしていたこと。脈々と紡いだ歴史の中でそれが積み重ねられ、明治、大正、昭和にかけても名残があったことを知る。"
  • 夜明け前 第一部下
    20世紀を代表する歴史小説と言えます。 候文、漢詩、和歌等現代人には判読不慣れな文体が随所に出てきますが、維新前後の日本の状況に関し詳細に書かれた内容は他に例を見ません。 現代歴史作家の著作を読まれる前に是非一読したい名作です。 西郷隆盛、坂本龍馬、新選組等々が単に維新のごく一部でしかないことに気が...続きを読む
  • 破戒
    慣れない文体で読みにくかったが、後半は感情が入って一気に読んだ。
    「破戒」という言葉から始まる章では、この言葉の意味が真に迫ってきて感極まった。
    また、クラスの生徒に打ち明けるシーンのセリフひとつひとつが心に響いて涙が止まらなかった。
    ラストは賛否両論のようだが、辞職せず嘗ての立場のまま立ち向かって...続きを読む
  • 破戒
    ただただ「根が深い」という感覚を覚えた。
    同和問題は西日本で主に語られる、という印象でいたが、舞台は長野である。

    主人公の瀬川丑松が段々と追い詰められる様は読み応えがあった。「川の向こう・・・」という表現が、本当に出てきた表現であり、戦後であれそれは存在した表現であるそうだ。
    そして、彼が独白する...続きを読む