対岸の彼女

対岸の彼女

作者名 :
通常価格 611円 (556円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

いじめで群馬に転校してきた女子高生のアオちんは、ナナコと親友になった。専業主婦の小夜子はベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始める。立場が違ってもわかりあえる、どこかにいける、と思っていたのに……結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、たったそれだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。女性の友情と亀裂、そしてその先を、切なくリアルに描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2011年05月13日
紙の本の発売
2007年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

対岸の彼女 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2021年02月08日

    面白かった。と思ったら、直木賞受賞作品だった。
    専業主婦だった小夜子と、雇い主の葵の、現在と過去の物語。
    専業主婦をお気楽にやっているように見えがちな女性でも、奥様方の世界が苦手で、でも子どもの社交性を育てるために無理して付き合わなくちゃいけない気持ちとか。
    高校生時代にクラス内で無理にグループでつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月07日

    いろんな人の「正しさ」のせめぎ合いが
    面白かったです。

    主人公は逃亡したけど、

    どこにも行けなかった気がすると言っていたのが

    印象的でした。

    また、何のために歳をとるのかという、

    もう一人の主人公の自問が心に残りました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月26日

    みんな似ている。人と関わる理由。人を信じる理由。歳を重ねる理由。怖いけど1人じゃいたくない。みんなでいるとめんどくさい。理解してくれる人が欲しい。大切なものは一つか二つで十分。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月17日

    対岸にいた葵と小夜子が橋を渡っていく光景が見えた。大人になると、未婚だとか、子供がいないからだとか違いが鮮明になるから、人の背景を決めつけてしまうんだと思った。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月12日

    過去の葵を中心としたパート、現在の小夜子を中心としたパートが交互に展開され、後半になるほどひきこまれていった。現在の葵と過去の葵が驚くほど違っており、葵の変化を追うのが面白かった。大学生の葵が1人で海外へ行ったシーンが印象的であった。トラックの運転手を信じるか否か迷った末に勇気を出して「信じよう」と...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月06日

    自分と価値観が近い人といる方が人生楽だけど、価値観が違う人といた方が人生新しい方に進める可能性が高いよ、と教えてもらえた作品です。自分と対岸にいる人にアタックしてみよーかなと思います。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月04日

    学生時代、うまくやってけなかった自分に刺さりまくる。し、シンプルにめっちゃ面白くてグングン読んじゃった。角田光代はやっぱ好き

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    孤独と向かい合わせーせつない

    Yukaji 2017年11月08日

    通勤中に読むつもりで読み始めたのに、先が気になって休日に一気に読んでしまいました。
    今や私には夫がおり、仕事をし、この手の悩みに向き合うことなく10年近くの月日が経ちます。
    この作品を読んで多感だった頃の自分の感情がどっと溢れて涙が出そうになりました。

    生涯かけての親友だと思ってた。否、今...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    好きな小説

    おーた 2015年01月04日

    好きな小説。
    何回も読み返している

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月25日

    団地に住む婦人同士のバチバチ争いかと思ったら、少しずつ互いを理解し交流していく話だった。バチバチ争いによる阿鼻叫喚が見れるのかと思ったら違ったけども交流を丁寧な描写で描いていてこれはこれで面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

対岸の彼女 に関連する特集・キャンペーン