対岸の彼女

対岸の彼女

611円 (税込)

3pt

いじめで群馬に転校してきた女子高生のアオちんは、ナナコと親友になった。専業主婦の小夜子はベンチャー企業の女社長・葵にスカウトされ、ハウスクリーニングの仕事を始める。立場が違ってもわかりあえる、どこかにいける、と思っていたのに……結婚する女、しない女、子供を持つ女、持たない女、たったそれだけのことで、なぜ女どうし、わかりあえなくなるんだろう。女性の友情と亀裂、そしてその先を、切なくリアルに描く傑作長編。第132回直木賞受賞作。

...続きを読む

対岸の彼女 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    購入済み

    孤独と向かい合わせーせつない

    2021年05月31日

    通勤中に読むつもりで読み始めたのに、先が気になって休日に一気に読んでしまいました。
    今や私には夫がおり、仕事をし、この手の悩みに向き合うことなく10年近くの月日が経ちます。
    この作品を読んで多感だった頃の自分の感情がどっと溢れて涙が出そうになりました。

    生涯かけての親友だと思ってた。否、今もそう思...続きを読む

    1

    Posted by ブクログ 2024年01月20日

    自分ごととして読まずにはいられませんでした。もっとこの様に生活に近い同世代女性の話を読みたくなりました。クライマックスの勢いが良かったです。

    0

    Posted by ブクログ 2023年11月24日

    子どもの頃、ずっと仲の良かった子になんとなく買いたくなかったのは怖かったからだ。楽しすぎた分、会わなかった期間にあった出来事を通じて、変わったことに気づくのが怖いからだ。

    後半にたびたび出てくる主人公の疑問。
    「なぜ私たちは年齢を重ねるのか。」

    答えに辿り着く。
    「生活に逃げ込んでドアを閉めるた...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年11月04日

    田村小夜子 35歳 夫 娘の3人暮らし
    一人暮らしの姑は何かと辛く当たってくる
    友人もいない日々でウツウツとしている
    そんな小夜子が心機一転子供を保育園に預け就活を始める
    その面接で出会った楢橋葵35歳 独身 小さな会社を経営している この2人が主人公
    初めは意気投合、しかし
    ことごとく立場が違う女...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年10月25日

    自分も前へ進もう。
    最後まで読んで、静かな感動に包まれる。
    人と関わることを煩わしく感じること、あるなぁ〜。
    しかし一歩踏み出してみると意外にも心地良かったり、早く行動しておけば良かったと思うことがある。
    対岸にいる様な二人だけでなく、誰の心の中にも、何かに踏み出したい自分がいるんだなと思った。
    ...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年10月17日

    有名な作家さんの人気のある小説だけど、存在すら知らなかった。
    ストーリーも構成も文章も完成度が高い。

    感想が書きにくい。
    登場人物の気持ちがどの人も共感できて。
    心が揺さぶられた。
    他人とすべてをわかり合うことはできない。けれど一瞬でも分かり合える時を信じて生きていくのが幸せなのかな。傷つきながら...続きを読む

    0

    Posted by ブクログ 2023年09月28日

     角田光代さんの作品はつい先日読んだ「紙の月」以来2作目です。「対岸の彼女」は2005年の第132回直木賞を受賞していますね。
     本のタイトルについて半分読み進めてもわからなかったのですが、小夜子と葵、葵とナナコ、環境や立場が異なる二人の関係を「対岸」と表現したということかな。
     理解しあえたり、理...続きを読む

    0
    購入済み

    読んでよかった!

    2022年07月29日

    30代女性のリアルな生活や人間関係が描かれている。私も同じ30代なので共感できる部分も多く読んでいて納得できる作品でした。自分の普段の生活の中にも重なる部分の多い印象に残る作品でした。

    #深い #切ない #タメになる

    0
    購入済み

    好きな小説

    2015年01月04日

    好きな小説。
    何回も読み返している

    0

    Posted by ブクログ 2024年02月11日

    あくまでも読み終わったあとの心情を表す感想です。
    ネタバレではないと思いますが、不安な方は飛ばしてください、、、!

    歳を重ねライフステージが上がる毎に親しかった友人と話が合わなくなり孤独を感じるようになった現状。父親の転勤により通っていた中高一貫の女子校を高校の途中で離れ、当時の友人達と疎遠になり...続きを読む

    0

対岸の彼女 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング

角田光代 のこれもおすすめ

対岸の彼女 に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す