黄落(新潮文庫)

黄落(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

還暦間近の夫婦に、92歳の父と87歳の母を介護する日がやってきた。母の介護は息子夫婦の苛立ちを募らせ、夫は妻に離婚を申し出るが、それは夫婦間の溝を深めるだけだった。やがて母は痴呆を発症し、父に対して殺意に近い攻撃性を見せつつも、絶食し自ら命を絶つ。そして、夫婦には父の介護が残された……。自らの体験から老親介護の実態を抉り出した、凄絶ながらも静謐な佐江文学の結実点。(解説・櫻井よしこ)

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2019年09月06日
紙の本の発売
1999年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

黄落(新潮文庫) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年01月27日

    94歳の父と、87歳の母を抱えて暮らす主人公、トモアキと妻の蕗子。

    主人公が小説家であり、仕事場が家であるという点で、他の要介護者を抱える家庭とはすこし環境が違う。
    この主人公は、両親と「スープの冷めない距離」というには遠いがそれほど離れていない距離で暮らしている。そして、週に一度は顔を出して...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月05日

    主人公は還暦間際の夫婦。92歳の父、87歳の母の介護を巡る物語。生活上の様々な問題や人には言えないような心情が、非常に生々しく描かれています。年老いた両親への嫌悪感、介護疲れからうっすらと両親の死を願ってしまう様子など・・・。仮に人からそういった愚痴を聞けば、親に対してそれはひどいと思ってしまってい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    50代後半の老夫婦が、90歳を超えた両親の介護を行う、いわゆる老老介護の物語。
    20代のころは、5年後10年後の計画を立てるとき、自分ひとりだけの未来の姿を想像するだけでよかった。しかし30歳になった今は、5年後10年後の両親の年齢・健康状態も、不確定要素として自分の未来に組み込んで計画しなければな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    老人介護文学。

    一度読んだらいいと思います。
    いまの時代、だれしも、こういう将来が待っているんじゃないかな。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています