「松本清張」おすすめ作品一覧

「松本清張」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/12/01更新

ユーザーレビュー

  • 点と線
    時代が古く半世紀前が舞台。いろんなことが違っていてそのへんも面白かった。今見ると割にオーソドックスなものだけれどそれでもそのこういう作品の初期っぽい素朴さなんかと相まって独特の感じを出している。とてもおもしろかった。
  • ゼロの焦点
    当時もあった面白さはそのまま、半世紀前の様子がよくわかるという面白さがプラスされている。読みやすくて面白いいい作品だった。
  • 徳川家康
    家康の一生を簡明な筆致で描いており容易に読み通せる。

    質素、倹約、堅実。
    家康には、学問と実践の双方が伴っていた。
  • 黒革の手帖(上)
    ドラマで武井咲が演じたのを見て、原作に興味を持って読み始めた。
    時代も昭和50年代だし、主演の元子は銀行員でも、派遣ではなかった。
    しかも、美人でもなかった。
    それでも、ドラマとはまったく違ったストーリー展開がすごく引き込まれるものがあり、これが松本清張なのか!と、実は初めて松本清張も読んだのだ。
    ...続きを読む
  • 黒革の手帖(下)
    時々、思い出したように読みたくなる本。今ドラマ化されているのを観てまた読んでみました。ドラマは原作と設定がかなり違ってる。原作はずいぶん前の作品だから仕方ないんだうけど。銀行で横領したお金で銀座のママになった女が主人公。ゆすりで大金を手にしていくんだけど前半では、相手をゆする時のスマートさと、でも自...続きを読む

特集