「松本清張」おすすめ作品一覧

「松本清張」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • 黒革の手帖(上)
    ドラマで武井咲が演じたのを見て、原作に興味を持って読み始めた。
    時代も昭和50年代だし、主演の元子は銀行員でも、派遣ではなかった。
    しかも、美人でもなかった。
    それでも、ドラマとはまったく違ったストーリー展開がすごく引き込まれるものがあり、これが松本清張なのか!と、実は初めて松本清張も読んだのだ。
    ...続きを読む
  • 黒革の手帖(下)
    時々、思い出したように読みたくなる本。今ドラマ化されているのを観てまた読んでみました。ドラマは原作と設定がかなり違ってる。原作はずいぶん前の作品だから仕方ないんだうけど。銀行で横領したお金で銀座のママになった女が主人公。ゆすりで大金を手にしていくんだけど前半では、相手をゆする時のスマートさと、でも自...続きを読む
  • 黒革の手帖(上)
    武井咲さん主演ドラマの原作です。この小説はかなり前の時代に書かれたものですから、もちろんいま放映中のドラマとは違いますが、本は本として楽しめます。

    ストーリー本編のなかに、その時代の社会的な問題や事件なども織り混ぜられており、社会派ミステリーの要素たっぷりです。

    登場人物の名前は、殆どがテレビド...続きを読む
  • 砂の器(下)
    おもしろかった。

    トリックは、東野圭吾ばりだった。
    むしろ、このへんの元祖は松本清張なのだろうか。

    最後がわりとあっさりだったのが、ちょっと惜しかった。
  • 神と野獣の日
    松本清張の隠れた名作と言ってもいいと思います。
     
    ある国が核ミサイルを誤射してしまって(しかも5発)、
    その内3発は迎撃するものの、残りが東京に落ちる、
    というパニックもの。
     
    数十分後に核爆弾が落ちるよ、といった時に、
    人々はどのような行動に出るのか?
    日本国首相、海外の要人、一般のサラリーマ...続きを読む

特集