「三浦哲郎」おすすめ作品一覧

「三浦哲郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/04/07更新

ユーザーレビュー

  • ユタとふしぎな仲間たち
    このお話は、父親を事故で亡くした主人公勇太が、母の地元である湯ノ花村に引っ越してきて、たくましく成長していく物語です。
    ある日勇太は寅吉爺さんと座敷わらしのことを話します。気になった勇太は座敷わらしに会うことを試みます。結果勇太は座敷わらしと友達になりました。
    この物語で出てくる座敷わらしは、江戸の...続きを読む
  • 忍ぶ川
    奥さんとの馴れ初めは初めて読んだかも。でもこれは事実に近いフィクションなのかな。どこまで本当なんだろう。結婚前、女性が生家へ男性を連れて行って、「これが私のすべて」と見せる場面はよかった。その生家というのが赤線地帯の一角にある場所だから尚更ね。そこで引いて去って行く男ならもちろん今後はないわけだし。...続きを読む
  • 木馬の騎手

    子供が招く不幸とひとつの救いの

    落とし穴にストンと落とされるような、うすら恐ろしくもの悲しい話が多かった。子供の無邪気さが不幸を招く。けれど子供は遊びの延長なのでその重大さに気づいていない。『人釣り』という一編。人間の好奇心と浅ましさを餌に「人」を「釣る」。釣られた老婆とその背中の赤ん坊。おそらく結末は…。最後まで書ききらない。読...続きを読む
  • 忍ぶ川
    作者三浦哲郎の人生を下敷きにした私小説。
    6人兄弟で4人が自殺か失踪をとげてるんだから、どうしたって話は重くなりそうなものだけれど、この作者の文章は、雪の日の朝のように爽やかだ。
    妻との出会いと結婚を主に描いているんだけど、この奥さんがまた良い女なんだな
  • わくらば 短篇集モザイクIII
    どうしてこんな文章を書くことができるのだろう。言葉の選び方が完璧。作家さんはすごい。
    逆様の顔。むかいの家の住人が、どこからともなくやってくる。焼印の一撃。見すぼらしい妻。
    僕の田舎の、昔話だよ。
    そう。昔々のお話よ。