「井上靖」おすすめ作品一覧

【井上靖】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井上靖(イノウエヤスシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1907年05月06日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

京都帝国大学(現京都大学)哲学科卒。1950年『闘牛』で第22回芥川賞、1958年 『天平の甍』で芸術選奨文部大臣賞、1959年 『氷壁』で日本芸術院賞など数多く受賞作品がある。1976年文化勲章を受章。長編小説・短編小説など多数の作品を世に送り出した。『猟銃』、『風林火山』、『敦煌』など映画化、ドラマ化された作品も数多い。

作品一覧

2016/09/02更新

北の海
  • ブラウザ試し読み

風林火山
  • ブラウザ試し読み

蒼き狼
  • ブラウザ試し読み

あした来る人
  • ブラウザ試し読み

あすなろ物語
  • ブラウザ試し読み

ある偽作家の生涯
  • ブラウザ試し読み

遺跡の旅・シルクロード
  • ブラウザ試し読み

井上靖全詩集
  • ブラウザ試し読み

幼き日のこと・青春放浪
  • ブラウザ試し読み

姨捨
  • ブラウザ試し読み

後白河院
  • ブラウザ試し読み

四角な船
  • ブラウザ試し読み

射程
  • ブラウザ試し読み

少年・あかね雲
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 敦煌
    世界史を勉強していた時にたまたま読んだ本。薄い本だがストーリーは重厚で歴史ロマンを感じられる。男の生き様としても何かしら憧れる所もある。いつか行ってみたい敦煌
  • しろばんば
    2017.05 イタリア旅行(ジェノバとチンクエテッレ)に持参し、9年ぶり再読。

    長編の名作、前半と後半の流れも主人公の成長がエピソードを通してとてもうまく表現されている。こどもに読ませたい一冊。
  • 額田女王
    里中満知子の『天上の虹』もいいけれど、★井上康が描く「額田王」の方が、より人物像が好き!読んで大正解な作品だった!
  • 天平の甍
    近く、奈良を訪れる予定があるので、予習を兼ねての読書。

    書名だけは知っていた、有名な小説。
    イメージとしては、鑑真の来日にまつわる苦労の話、成功の話、えらい人の立派な話(乱暴な言い方ですみません)。
    だから、平成の世を慌ただしく生きている自分にはあまりにも遠くて、興味をもって読めないんじゃないかと...続きを読む
  • あすなろ物語
    様々な生き方をしていく友人、女性に触れながら青年へ成長していく著者の自伝的小説。人々と接する主人公の心の機微が表現されており、自分の感情に強い印象を与えた。