井上靖の一覧

「井上靖」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:井上靖(イノウエヤスシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1907年05月06日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

京都帝国大学(現京都大学)哲学科卒。1950年『闘牛』で第22回芥川賞、1958年 『天平の甍』で芸術選奨文部大臣賞、1959年 『氷壁』で日本芸術院賞など数多く受賞作品がある。1976年文化勲章を受章。長編小説・短編小説など多数の作品を世に送り出した。『猟銃』、『風林火山』、『敦煌』など映画化、ドラマ化された作品も数多い。

作品一覧

2021/09/24更新

ユーザーレビュー

  • 天平の甍
    高僧を日本に連れてくる使命を受け、遣唐船に乗って普照ら若い僧4人は荒れる海を渡り、唐に留学した。無事に帰国できるか、何者かになれるかもわからない。4人僧の、そして写経に没頭する貧相な中年の日本人僧の運命は…

    史実の詳細が物語のスケールの大きさを感じさせてくれます。仏教の用語や唐の時代の中国の地名が...続きを読む
  • しろばんば
    日常がたんたんと綴られている

    洪作とおぬい婆のやりとりが、昔の日本の日常 という感じで心地よい
    強気な婆さんも、亡くなる数年前には人格が丸くなっていく
    人間とは という感じで読んでいて凄く心地が良かった

    昔から長く愛され続ける本って、言葉が分かりやすくて変なトリックがなくて人間味が溢れている
    ...続きを読む
  • 晩夏 少年短篇集
    作中には、伊豆の景色や子どもたちの遊びなど、共通点のある光景が多く登場する。
    小学生時代を伊豆で過ごしていた作者の記憶が、元になっているのだろうなと思った。
    どの作品も視線が優しく、懐かしい感じがした。
    田舎に住む少年の感情の動きが瑞々しく、私にとっては眩しさのようなものも感じた。

    好きな作品ばか...続きを読む
  • 晩夏 少年短篇集
    自身が経験した夏ではないのに懐かしいと感じるのはなぜだろう。少年時代の感覚が鮮やかに蘇る。ノスタルジア溢れる名作。
  • 敦煌
    壮大なスケール。この作品の主役は悠久なる時間と歴史、季節のように移り変わる民族の栄枯盛衰。
    素晴らしいの一言。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!