國分功一郎の一覧

「國分功一郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2021/03/26更新

ユーザーレビュー

  • 「利他」とは何か
    医師は患者さんのために働くし、産業医は働く人のために働くので、利他的な職業でありそうですが、そこで利己的な利他を発動しがちなのもまた真だと思うので、メタな視点ってやっぱ重要なんだなあ、と思いました。
  • はじめてのスピノザ 自由へのエチカ
    自由についての章が私にとって1番印象的であった。自由とは何か、自分が誰からも何からも制約を受けずに思い通りに出来ること、曖昧にそんな風に思っていた。そんな自由など獲得できるのかという思いがあったが、スピノザの視点を知り少しずつ獲得して行けそうな楽な気持ちになった。
  • はじめてのスピノザ 自由へのエチカ
    「エチカ」についてわかった気にさせてくれた。
    荘子の「万物斉同」の考え方を思わせる善悪の考え方、同じく荘子の「道」に近い「神」の考え方は日本人にも馴染みやすいと思う(個人的には科学とも親和性高いと思うんですよね)。そして近年の神経科学の知見にも通じる意志と意識の関係についてもとても面白かった。「自分...続きを読む
  • 近代政治哲学 ──自然・主権・行政
    めちゃくちゃ勉強になった。難解な哲学をかなりわかりやすく書いているし、何より現代に引きつけて例示をしてくれたりしているので、一層わかりやすい。もちろん全て簡単に理解できるものではないので悩みながら読む時間は必要だけれど、一冊読み終わった時には自分の認識がかなりアップデートされていることは間違いない。...続きを読む
  • 「利他」とは何か
    コロナ禍に「利他」が流行っているらしい。それを東京工大の「未来の人類研究センター」のメンバーで、この言葉の論考を集めた本。伊藤亜紗、中島岳志、国分功一郎、若松英輔、磯崎憲一郎と今はときめくかどうかは分からないが、私自身は共感を呼んでいる著者ばかり。それぞれの論考の切り口が興味深い。「利己」の反対は「...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!