佐江衆一の一覧

「佐江衆一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/06更新

ユーザーレビュー

  • 黄落(新潮文庫)
    94歳の父と、87歳の母を抱えて暮らす主人公、トモアキと妻の蕗子。

    主人公が小説家であり、仕事場が家であるという点で、他の要介護者を抱える家庭とはすこし環境が違う。
    この主人公は、両親と「スープの冷めない距離」というには遠いがそれほど離れていない距離で暮らしている。そして、週に一度は顔を出して...続きを読む
  • 剣と禅のこころ
    作家である著者による、苦労の体験をふまえた、とらわれずに広範囲に目を向けた洞察は非常に参考になる。特に50裁からが面白いは非常に参考になり勇気づけられた。
    ともかく読んでみて、味わってみるというのが正しい。
  • エンディング・パラダイス
    88歳の昭平は父との遺言を果たすために、瀕死の日本兵である父を助けてくれたニューギニア奥地のゴラン村に辿り着く。同行するのは豪華客船で知り合ったアメリカ人の90歳の若々しい肉体をもつツルコ。
    狩猟と農耕、物々交換で平和に暮らす桃源郷のような村にも開発の嵐が吹き荒れるが・・・
    ニューギニアに着くまでの...続きを読む
  • エンディング・パラダイス
    火を熾す
    水を汲む
    機を織る
    その地でできた
    モノを食べる
    その地で暮らす

    当たり前であることが
    当たり前でなくなってしまった

    先日、訪れた
    保育園では
    プラスチックのおもちゃは一切なく
    木の床と
    土の庭で
    子供たちは
    何不自由なく
    遊んでいた

    当たり前であることが
    当たり前でなくなってしま...続きを読む
  • 黄落(新潮文庫)
    主人公は還暦間際の夫婦。92歳の父、87歳の母の介護を巡る物語。生活上の様々な問題や人には言えないような心情が、非常に生々しく描かれています。年老いた両親への嫌悪感、介護疲れからうっすらと両親の死を願ってしまう様子など・・・。仮に人からそういった愚痴を聞けば、親に対してそれはひどいと思ってしまってい...続きを読む