桜木紫乃の一覧

「桜木紫乃」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:桜木紫乃(サクラギシノ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1965年04月01日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:作家

北海道釧路東高等学校卒。2007年に『氷平線』で単行本デビュー。主な作品には『雪虫』、『霧灯』、『ラブレス』などがあり、数々の賞を受賞している。2013年『ホテルローヤル』で第149回直木賞受賞。

作品一覧

2019/05/10更新

ユーザーレビュー

  • 蛇行する月
    順子を主人公にした章がないのがとてもいい。

    幸せというのは本人が感じるもの。
    他人が決めるものではない。
  • 星々たち
    北海道、小樽、札幌、旭川、帯広、釧路、根室など北の大地を舞台に、過酷な運命に翻弄される母娘三代の女性、咲子、塚本千春、田上やや子の物語。「星々たち」(2016.10)、連作9話。何とも心にずしりと重くのしかかる桜木紫乃の世界です。客観的には苦労の連続に見える3人、特に咲子と千春、でも、それぞれが生を...続きを読む
  • 星々たち
    「星々たち」というタイトルがぴったり。登場人物それぞれが、きらきら美しく輝く、というのではなく、自分の命を少しずつ燃やして、ちかちかと光っているようなイメージ。桜木紫乃さんの静かな文章が大好きです。言葉にしづらい感情や、もやもやして言い表せない気持ちをさらっと表現していて、それが心に沁みたり刺さった...続きを読む
  • 起終点駅(ターミナル)
    言葉にはうまく出来ないけれど、淡々と、しかし切々と...ぐぅっ...と胸にくる短編6集。北海道を舞台に、主人公は誰しも孤独を背負った男女。読んでいると締め付けられるような気持ちになり、それでいて希望とも絶望とも違うラストが余韻を残す。『かたちないもの』『海鳥の行方』『たたかいにやぶれて咲けよ』『潮風...続きを読む
  • 誰もいない夜に咲く
    北の大地に生きる強く逞しい女達の浮き沈みある人生模様を描く桜木紫乃さんの傑作短編集。桜木さんの描くヒロイン達はみんな迷いがなくきっぱりとしていますよね。自らの下した決断に責任を取り後悔せずに今を懸命に生きている男以上の力強さを感じます。みんな十分に聡明で賢いのにどうして自堕落な甲斐性の無い男達に惚れ...続きを読む

特集