ブルースRed
  • NEW

ブルースRed

作者名 :
通常価格 1,500円 (1,364円+税)
紙の本 [参考] 1,650円 (税込)
獲得ポイント

7pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

死に場所を求め、生きる女が、裏切りの果てに辿り着いた終焉の地とは。

ブルースに続く、『新たなダークヒロイン』の誕生!

釧路の街を、裏社会から牛耳る影山莉菜。
亡父・博人の血をひく青年を後継者として育て、官僚から代議士への道を歩ませようとしていた。
「男と違って、女のワルには、できないことがない」
亡き父の言葉を胸に、重い十字架を背負った女が、幾度もの裏切りの果てに――。

『ホテルローヤル』『家族じまい』を経てデビュー20年目の桜木 紫乃が放つ最高傑作!

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春e-book
ページ数
256ページ
電子版発売日
2021年09月24日
紙の本の発売
2021年09月
サイズ(目安)
2MB

ブルースRed のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年10月18日

    彼女が書く小説は、北海道を地にして描くものがほとんどだと思うが、今回も釧路の街を裏社会から牛耳る女を軸にしている。

    街の風景もある種の昏さと色気を醸し出す表現は流石だと思う。
    女のワルもほどほどに小気味良く感じた。
    歳を重ねて最後の地で何を思うのか…
    余韻が残る。。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています