西岡壱誠の一覧

「西岡壱誠」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/03/30更新

ユーザーレビュー

  • 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
    ■「装丁読み」で少ない情報から中身を推測する。
    ■「取材読み」で論理の流れがクリアに見える。
    ・「本を読む」という行為は「相槌も打たずメモも取らないで先生の話を聞く」状態に近い
    ・「ただ文を読むだけ」「ただ文字の羅列を見るだけ」それでは身につくはずはない
    ■「質問読み」で「情報」を「知識」に変える。...続きを読む
  • 東大式スマホ勉強術 いつでもどこでも効率的に学習する新時代の独学法
    これからの学び方にたいへん参考になる本です。
    今までは、スマホを触らせたくないという考えがたくさんあった中で、これからはスマホをどううまく活用していくか考える時代です。
    これを見るとスマホで勉強したくなります。
  • 東大式スマホ勉強術 いつでもどこでも効率的に学習する新時代の独学法
    通勤・通学中でも、勉強ができるスマートフォンはとても便利なツールだと改めて実感しました。

    移動中でも、YouTubeで英語学習、オーディオブックで読書と言った勉強法はとても有益だと思っています。

    その他、SNSを通じてコミュニティを作成することは、モチベーションをあげるのに効果的な方法であること...続きを読む
  • 「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文
    作文は特別な事ではなく日常的な行為であること。
    そして作文に限らずアウトプットは、相手の事を考えて行わないといけない事。

    最近、説明力の低下を感じている自分にとって、改めて気づかせてくれました。
  • 「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書
    読書の仕方を見つめ直す、または体系的に理解するために読む。


    東大生は何事においても「受け身」を嫌う。
    東大生の読書は、「へえ、なるほど、そうなのか」では終わらせず、「えっ、それはなんでなんだろう?」「それって本当かな?」「こういう意見に対してはどういう反論をするのだろう?」と「能動的に」読書をし...続きを読む