「荻原浩」おすすめ作品一覧

「荻原浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:荻原浩(オギワラヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年06月30日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:作家

成城大学経済学部卒。1997年『オロロ畑でつかまえて』でデビュー。同作で第10回小説すばる新人賞受賞。代表作『明日の記憶』は第2回本屋大賞第2位、第18回山本周五郎賞受賞、映画化されている。『僕たちの戦争』はTVドラマ化された。その他作品に『誘拐ラプソディー』、『さよならバースディ』、『あの日にドライブ』などがある。

配信予定・最新刊

1/26入荷
海馬の尻尾
1296円(税込)
購入予約

作品一覧

2018/01/16更新

愛しの座敷わらし
  • ブラウザ試し読み

噂
  • ブラウザ試し読み

オイアウエ漂流記
  • ブラウザ試し読み

押入れのちよ
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 金魚姫
    古代の女性が金魚となり、現代の男性の元にやってくるお話し。
    金魚の事を調べながら読んだ。
    世界観がとてもよかった。リュウの可愛らしいこと。
  • 恋愛仮免中
    こういったアンソロジーの短編って物足りないことが多いからあまり期待していなかったけど。
    どれも読んでいて切なくなるいい話だった。
    好きな作家がそろっていたのも良。
    最後の作者の本は読んだことがない気がするけど、良い感じの文章だったから他の作品も読んで見たいな。
  • オロロ畑でつかまえて
    解説を池上冬樹さんが書いていますが、まったく同感です。
    そして、文中に出てくる「噂」「ハードボイルド・エッグ」(前回読み終わった)もそのとおり、おもしろかった。
    この「オロロ畑でつかまえて」の続編にあたるらしい「なかよし小鳩組」も読みたくなってしまった。
    一時期良くあった町おこしのごとく、何もない山...続きを読む
  • 花のさくら通り
    いいね。荻原浩は
    ユニバーサル広告社の第3作とは気が付かなかった。
    確かに、1作目の「オロロ畑でつかまえて」も面白かったが、これもまたいい。
    すっかり、彼のファンになってしまう。
    シャッター街における、古参と若者の戦い。
    変化を求めない、従来の商店街と、変化しなければならないと考える次世代を考える若...続きを読む
  • 四度目の氷河期
    着想が面白い。
    その自分の出生が、最後まで貫かれている。
    終盤からは、一気に読み進まなければと思うほど
    吸い込まれてしまった。

    「こんな青春はいいなぁ」と思ってしまいました。
    そして、サチの人間性にも惹かれてしまった

特集