荻原浩の一覧

「荻原浩」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:荻原浩(オギワラヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年06月30日
  • 出身地:日本 / 埼玉県
  • 職業:作家

成城大学経済学部卒。1997年『オロロ畑でつかまえて』でデビュー。同作で第10回小説すばる新人賞受賞。代表作『明日の記憶』は第2回本屋大賞第2位、第18回山本周五郎賞受賞、映画化されている。『僕たちの戦争』はTVドラマ化された。その他作品に『誘拐ラプソディー』、『さよならバースディ』、『あの日にドライブ』などがある。

作品一覧

2020/08/06更新

ユーザーレビュー

  • 海の見える理髪店
    心温まるが、どこか切ない家族小説集。どの話も読んでいて情景が浮かんできた。

    表題作『海の見える理髪店』
    ラストに鳥肌が立ち、そのまま思わずもう一度読んでしまった。鏡越しに話す様子が、親子の距離感のメタファーのように思えた。登場人物の心情や場面の描写、話の展開、どれを取っても最高の小説。
  • 逢魔が時に会いましょう
    学生真矢の、妖怪と布目准教授への気持ちとが変化していくのが面白い。
    座敷わらしの章が一番すきかも。
    誰かにお勧めされたのに、誰か思い出せない。
  • 冷蔵庫を抱きしめて(新潮文庫)
    荻原浩、初めて読んだけどめちゃくちゃおもしろかった。
    まず1話目のボクサーのお話。やられてばかりだった母親があるきっかけでボクサーになり、DV男にやり返す!展開がおもしろすぎて、、スカッとしないわけない気持ちの良いストーリー。かと思えば奇妙な世界観に引き込まれてしまう、???な話もあり全てカラーの違...続きを読む
  • 明日の記憶
    涙涙で読み進めるのが辛かったです。愛する人の記憶をなくしてしまう。想像がつかないけれど、そういう病気があるのも現実。
  • 噂

    帯無しでの購入だったため、ほんとにラスト1行、たった4文字にやられました…。
    シリーズ化難しいのかな…
    また読み返したくなる1冊です。