花のさくら通り

花のさくら通り

作者名 :
通常価格 820円 (税込)
紙の本 [参考] 885円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

倒産寸前のユニバーサル広告社。コピーライターの杉山を始め個性豊かな面々で乗り切ってきたが、ついにオフィスを都心から、“さくら通り商店街”に移転。ここは、少子化やスーパー進出で寂れたシャッター通りだ。「さくら祭り」のチラシを頼まれた杉山たちは、商店街活性化に力を注ぐが……。年代も事情も違う店主たちを相手に奮闘する涙と笑いのまちづくり&お仕事小説。ユニバーサル広告社シリーズ第3弾。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
552ページ
電子版発売日
2016年01月08日
紙の本の発売
2015年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年11月24日

いいね。荻原浩は
ユニバーサル広告社の第3作とは気が付かなかった。
確かに、1作目の「オロロ畑でつかまえて」も面白かったが、これもまたいい。
すっかり、彼のファンになってしまう。
シャッター街における、古参と若者の戦い。
変化を求めない、従来の商店街と、変化しなければならないと考える次世代を考える若...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月25日

できれば季節に応じた本を読みたいから、桜の季節の話に今ごろ手を出す気なんてなかったのですが、大好きな荻原浩をどうしても読みたくなり。抱腹絶倒かつ泣かせるユニバーサル広告社シリーズ、『オロロ畑でつかまえて』と『なかよし小鳩組』に続く第3弾。閑古鳥の鳴くさくら通り商店街にオフィスを移転せざるを得なくなっ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月02日

分厚かったけど、結構一気に読めた。
やっぱり面白いなあ。初々しい二人も、老人たちに立ち向かおうとする人達も、早苗父娘も、みんな愛おしくて応援したくなる。みんなが幸せになりますように。
さて、前作も読んでみよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月07日

ユニバーサル広告社シリーズ三作目です。
今回は多様な登場人物の群像劇としての側面もあり実に読み応えがありました。
結末も含め三部作では一番好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月29日

ユニバーサル広告社シリーズ第3段。
閑古鳥が鳴いているさくら通り商店街の活性化に立ち上がる。
お祭りのチラシから始まり最終的には商店街のCM作成まで、一癖も二癖もある商店街の面々と杉山とのやりとりが面白い。
所々で社長、猪熊、村瀬が良い味出してくれています。
最後は本内容とは関係ない1作目から続いて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play