逢魔が時に会いましょう

逢魔が時に会いましょう

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
紙の本 [参考] 583円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

大学4年生の高橋真矢は、映画研究会在籍の実力を買われ、アルバイトで民俗学者・布目准教授の助手となった。布目の現地調査に同行して遠野へ。“座敷わらし”を撮影するため、子どもが8人いる家庭を訪問。スイカを食べる子どもを数えると、ひとり多い!? 座敷わらし、河童、天狗と日本人の心に棲むあやしいものの正体を求めての珍道中。笑いと涙のなかに郷愁を誘うもののけ物語。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2018年06月01日
紙の本の発売
2018年04月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2019年01月06日

座敷わらし、河童、天狗が登場する。
登場人物のキャラが良く、コミカル的な部分もありながらそれぞれの妖怪の成り立ちについての布目先生の見解話も出てくるところがにくい。
続編が出たら読みたくなるなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年08月22日

やはり、「荻原浩に外れなし」ですね。
「座敷わらし」「河童」「天狗」の三部作ですが
「天狗の来た道」はこのための書下ろしと会って、その展開も面白かった。
ぜひとも、大学院へ行くのか高橋真矢女子と布目悟准教授のコンビをシリーズ化してほしい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月05日

面白かった。連作3話なので移動時に、カフェで読むのに丁度いいボリューム。荻原さんの小説はテンポ良くニンマリしながら読めるので、好き。座敷わらしに河童に天狗を探しに行く布目先生と真矢コンビ。世界中の妖精や妖怪探しの旅、シリーズ化しないかな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月12日

座敷わらし、河童、天狗。

さすがの荻原浩さん、文章はとても読みやすく、コメディタッチなのに、背景の時代描写なんかは深いものがあって、面白いし、興味深いしで、あっという間に読み終わってしまいました。

昔書いた2作品を手直しし、書下ろし1作品を加えての文庫化ということのようです。
なるほど・・・楽し...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年03月11日

*大学4年生の高橋真矢は、映画研究会在籍の実力を買われ、アルバイトで民俗学者・布目准教授の助手となった。“座敷わらし"を撮影するため、子どもが8人いる家庭を訪問。スイカを食べる子どもを数えると、ひとり多い!?ハンサムらしいが風変わりな大学教授と、映画製作を夢見てアルバイトに励む女子大生の迷...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています