長野まゆみの作品一覧

「長野まゆみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:長野まゆみ(ナガノマユミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1959年08月13日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

女子美術大学芸術学部卒。『少年アリス』で第25回文藝賞受賞。『少年アリス』、『天球儀文庫』、『ぼくはこうして大人になる』などの作品を手がける。

値引き作品コーナー

作品一覧

2022/12/15更新

ユーザーレビュー

  • 新世界〈5th〉
    休眠やTRANを重ね知恵を使って出し抜き合いながら生き長らえた登場人物達が、物語の終息とともにあっけなく命を落としていく。救いようの無い結末なのか、残酷な運命を背負わされた一時代の終わりなのかと言われれば、後者だと捉えたいなと思いました。各々の欲望に駆られて複雑に絡み合った種族間のカーストが、上位者...続きを読む
  • 三日月少年漂流記
    幻想的だった…
    ガラス細工のような美しい文章で
    きらきらした綺麗なものだけを集めた宝石箱のよう。
    知らない言葉が出てくる度、どんなものだろうと想像する時間が楽しかった。そして水蓮と銅貨。なんて素敵な名前だろう、と思った。この2人がかわいい。ただ世界観に心酔しました。いつかまた再読したい一冊
  • 碧空(凜一シリーズ)
     凛一シリーズ2作目。
     今回は3人の男の間でもどかしい凛一に切なくなる。
     1978年の頃の話。ちょうど自分の生まれ年に親近感もあるけれど、記憶のかけらもない時代。
     スマホもなければ、もちろんLINEもメールもない。人と人が連絡を取り、つながり合う手段は直接話すか、家の電話もしくは手紙の時代。明...続きを読む
  • レモンタルト
    《もうずっと前から義兄のことが好きだった》

    匂い系小説で調べると必ずと言っていいほど名を轟かせる本作。

    物語の表面上はミステリーだが、その裏で主人公が義兄への感情を押し殺し叶わない恋に身を焦がす様子が歯痒い。
    タイトルであるレモンタルトとの由縁も主人公と義兄が一定以上の距離に縮まることはないと宣...続きを読む
  • ゴッホの犬と耳とひまわり
    長野まゆみの作品でも、少し毛色が違う印象。
    会話量が多く、情報量がひたすら多い。登場人物も20人強と、話のすじと人物相関図をメモしながらなんとか理解。
    ゴッホに関する情報や雑学?の記述が多く、すべて理解しながらは頭が破裂しそうなので、なんとなくの話の流れを追ったけれど、贋作かもしれないゴッホの家計簿...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!