「長野まゆみ」おすすめ作品一覧

「長野まゆみ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:長野まゆみ(ナガノマユミ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1959年08月13日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:作家

女子美術大学芸術学部卒。『少年アリス』で第25回文藝賞受賞。『少年アリス』、『天球儀文庫』、『ぼくはこうして大人になる』などの作品を手がける。

作品一覧

2017/11/02更新

ユーザーレビュー

  • お菓子手帖
    久しぶりに長野まゆみさんの小説が読みたいなあ、と思い、図書室でお借りしてきました。

    まずは「甘党の系譜」と銘打たれた、明治大正の頃の祖父母たちの暮らしぶりの紹介。
    続く「菓子年譜」からは、1959(昭和34)年8月13日に生まれた「わたし」の成長が1年ずつ記されており、ははあ、この主人公がこれから...続きを読む
  • 夏至南風
    再………読。根底は同じなんだろうけど、直接的な連続殺人や刑事などの存在を見ると、事件に目が行き、謎解きがしたくなる…けど、漠然と掴みつつ犯人も動機もはっきりと攫めなかった今回も。著者様のこういう本って珍しかったような気がするのだけど、気のせいかしら?
  • 野ばら

    姉妹作

    長野作品には幾つか姉妹作が存在しているのですが、こちらは『夏至祭』との姉妹作で、主要キャラクターが共通しています。
    『夏至祭』は本当に可愛らしいお話なので、この『野ばら』の方がダークファンタジー感満載でthe長野作品という話の運び方になっています。こちらも堂々回り的。
    妖しい雰囲気が溢れていて、...続きを読む
  • 銀木犀

    退廃美と破滅願望そして捕食者

    ひたすら美しく妖しい世界がそこにあります。
    ファンタジーとホラーの融合というか、幻想的でいて所々が妙に生々しい。それが長野作品の魅力だと思っています。
    佳境(にあたるのかな?)ら辺が物凄く好きで鳥肌が立ちます(良い意味で)。
    怖いんですが、同時に恍惚感がある。まるで麻薬のようですね。長野作品は...続きを読む
  • 夏至祭

    野ばらの姉妹作です

    是非『野ばら』と合わせてお読み下さい。
    主要キャラクターは同じなのに、内容は全く違います。
    こちらはメルヘンが溢れていて、とても可愛らしく、そして切ない作品です。
    方向性が全く違いますが、『野ばら』と甲乙付けがたいほど好きです。
    癒されたい時にお勧め。

特集